このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000194347
提供館
(Library)
仙台市民図書館 (2210011)管理番号
(Control number)
泉2016事-3
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2016年07月03日 14時10分更新日時
(Last update)
2016年11月11日 19時38分
質問
(Question)
伊達政宗が森林保護のために、制札を発令したと聞いた。
どういうものだったのか知りたい。
回答
(Answer)
札の本文として、『東北開発史』p268に以下の記載がみつかった。
        
        札
一、漆の木一人に付十五本づゝ、毎年栽可申事
     附根苅無油断可仕事
        中略
一、桑楮漆下々奉公人知行之内へも栽可申候
其外兼て被仰付候通之竹木、植不申ものには為科人足二十日づゝ召使はく候
     附ムザト伐取者於有之者、為科銭小判一両可被召上事
  右條々相背者於有之堅曲事に可被仰付者也仍如件
    元和六年九月朔日               家老連署

『東北産業経済史 第1巻 仙台藩史』p234によると、この時の札を「元和の竹木條令」という。
山林は木材資源としてだけでなく、漆などの特産品、薪など燃料、山菜など食料資源の供給地であり、また、防災上からも、その管理は重要課題であった。とくに桑・漆・楮・竹については、植えつけの命令を繰り返し出して資源の拡大に注意を払い、その一方、竹や木については、勝手に伐採することを禁じ、そむいた場合は多額の罰金を科して資源の保持に努めていた。
回答プロセス
(Answering process)
「森林保護」のキーワードを「仙台」「伊達」等と組み合わせて検索してもヒットしないため、郷土史コーナーから直接探すことにした。すると、『東北開発史』の目次から第三編第六章第七節「森林保護」の項を発見し、そこに制札文をみつけた。
意味については、『仙台市史 通史編3 近世1』p181に解説があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『東北開発史』 竹内運平/著 歴史図書社 1978年
『仙台市史 通史編 3 近世 1』 仙台市 2001年
『仙台市史 資料編 12 伊達政宗文書 3』 仙台市 2005年
『東北産業経済史 第1巻 仙台藩史』 浅野源吾/編 東洋書院 1976年
『日本史用語大辞典 1 用語編』 柏書店 1978年
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000194347解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!