このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000193903
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001015217
事例作成日
(Creation date)
2016/03/29登録日時
(Registration date)
2016年06月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年06月25日 00時30分
質問
(Question)
中国のちまきの起源や日本との違いを知りたい。
できれば具だけでなく、巻いている葉の種類や巻き方などもわかるとよい。
回答
(Answer)
ちまきの起源・日本への伝来については、次の資料に詳述されていました。
・『ちまき』(芳賀文子/著 開文社出版 1992.10)
p.3~8
戦国時代の詩人・屈原が讒言によって追放され、5月5日に泪羅水に身を投げた。その死を悼む供養がちまきの始まりとされ、邪気を払う意味で端午の節句にちまきを供するようになったそうです。日本では端午の節句のちまきというとお菓子ですが、中国のちまきは肉の入ったものや、餡の入ったあまいものもあるようです。

・『点心の知恵・点心のこころ (生活人新書)』(中山時子/著 日本放送出版協会 2006.7)
 
p.68 五. 端午の節句 「鯉のぼりをあげて、柏餅、そしてちまきもあるが、ういろうやようかんを笹の葉で細く巻いた菓子として売られている。この菓子の由来をたどれば、中国の「粽(ゾン)」(あるいは「粽子(ゾンズ)」)にいきつく」「和菓子店で買うちまきに添えられた説明にも、よく屈原の故事が書かれている。」とあり、日本のちまきは中国から伝わったものをその起源とするようです。

・『中国の年中行事 (平凡社選書)』(中村喬/著  平凡社 1988.1)
p.156~160

○具、種類、巻き方、葉の種類など
・『中国料理百科事典 4 Encyclopedia of Chinese cuisine ダイシ-ナツ』(同朋舎出版 1992)
p.168 粽子(ツンズ) の項目から以下関連部分を引用します。
「モチ米だけ、あるいは、さまざまな具を入れたモチ米を笹の葉でしっかり巻いて蒸したもので、地方によりその形や中に入れる具が違う。(中略)ちまきには中に入れるものにより豚肉とモチ米を包んだ「猪肉粽子(チュウロウツンズ)」、小豆と紅ナツメをモチ米に入れた「紅豆紅棗粽子(ホンドウホンザオツンズ)」などの種類がある。」とのことです。

p.214には中国広東地方の「栗と焼き豚入りのちまき」、「腸詰入りのちまき」、「広東風のちまき」のつくり方とカラー写真があります。「栗と焼き豚入りのちまき」、「腸詰入りのちまき」は笹で巻くようですが、「広東風のちまき(裏蒸粽)」は、熊笹とハスの葉で巻くようです。以下引用しますと、「熊笹2枚をかぶせてハスの葉を左右から折り、手前から巻くように包み、イグサを二重にしてしばる。」とあります。

・『モチの文化誌 日本人のハレの食生活 中公新書』(阪本寧男/著 中央公論社1989.11)
p.78 
ちまきの素材であるモチ米について、モチ米の穀粒でつくった古代のちまき、ウルチ米の粉からつくるもの、さらにはウルチ米の粉とモチ米の粉を等分に混ぜてつくられたものなどの説明があります。

・『中国飲食文化』(王仁湘/著 青土社 2001.11)
p.110~ 端午の項に「粽子」につき三国時代の『風土記』、北宋時代の『文昌雑録』『歳時雑記』にある記述を紹介しています。

・陣内十三子「食の漫遊記 第5回 粽物語 日本、中国、メキシコ、インドネシア」『人権と部落問題』59(14)(部落問題研究所 2007.12)p.76-80

○中国語の資料で「粽子」について記述したものは、3冊ありました。
・『中国人的口福 中国圣人文化丛书』(李禄兴|/主编, 杨红梅|/编著 华语教学出版社  2014)
・『中国饮食 人文中国书系』(刘军茹/著五洲传播出版社 2004.10)
・『中国饮食文化史 专题史系列丛书』(赵荣光|/著 上海人民出版社 2006.10)


[事例作成日:2016年3月29日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383 8版)
参考資料
(Reference materials)
ちまき 芳賀/文子∥著 開文社出版 1992.10 (3~8)
点心の知恵・点心のこころ 中山/時子∥著 日本放送出版協会 2006.7 (68)
中国の年中行事 中村/喬∥著 平凡社 1988.1 (156~160)
中国料理百科事典 4 同朋舎出版 1992 (168、214)
モチの文化誌 阪本/寧男∥著 中央公論社 1989.11
中国飲食文化 王/仁湘∥著 青土社 2001.11 (110~)
人権と部落問題 部落問題研究所 部落問題研究所  58(8-14)<747-753> 11号:730-743号総目次 11号:特別号
中国人的口福 李禄兴||主编, 杨红梅||编著 华语教学出版社 2014
中国饮食 刘军茹∥著 五洲传播出版社 2004.10
中国饮食文化史 赵/荣光||著 上海人民出版社 2006.10
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000193903解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!