このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000193872
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市鶴-2016-008
事例作成日
(Creation date)
2016年06月24日登録日時
(Registration date)
2016年06月24日 17時58分更新日時
(Last update)
2016年10月08日 11時20分
質問
(Question)
東区朝日町にあり、森田資孝が開院した森田病院について知りたい。
回答
(Answer)
森田病院は、大正6年に中区大津町に開設され、昭和3年に東区朝日町(現在の中区錦)に新築移転しました。移転した建築物は鈴木禎次が設計しており、6階建でX光線室や日光浴室がありました。外観写真や平面図も残されています。院長は森田資孝、福井富雄、福井良久が就き、昭和54(1979)年まではあったようです。その後、56(1981)年には当地は駐車場となっており、当地の森田病院は閉院したようです。
回答プロセス
(Answering process)
1.電話帳、住宅地図を調べました。

『電話番号表〈名古屋〉 明治四十二年五月三十一日改』
→掲載なし。
『名古屋電話番號表 大正10年6月10日開通』p.14
→森田資孝の掲載あり。森田病院の掲載なし。
『名古屋電話番號簿 昭和5年4月1日現在』p.452
→「森田病院 森田資孝 東、朝日、三ノ四」と掲載があり住所が判明。
『名古屋50音別電話帳 1974』p.1255
→掲載あり。住所が「錦三、17」に変更。
『[名古屋]職業別電話帳 1978上』p.41
→掲載あり。
『名古屋職業別電話帳 1982上』
→掲載なし。

町名の変遷を確認しました。
『なごやの町名』p.781
→東区朝日町は、昭和20(1945)年に中区朝日町となり、昭和41(1966)年に中区錦1-3丁目に町名が変遷したことが分かりました。

住宅地図を調べました。
『居住者全図 昭和4年』区画1
『居住者全図 昭和8年』区画1
→朝日町三丁目に「森田」とあり。
『名古屋市全住宅案内図帳 昭和30年版 中区』6図
→『居住者全図 昭和4年』区画1、『居住者全図 昭和8年』区画1の「森田」の位置に森田病院の掲載あり。
『ゼンリンの住宅地図[1979年-第6]名古屋市中区』23図
→錦三丁目に掲載あり。『名古屋市全住宅案内図帳 昭和30年版 中区』と位置は変更なし。町名変更のみで町内での移動はなかった模様。
『ゼンリンの住宅地図[1981-第6]名古屋市中区』23図
→該当の住所は「駐車場」に変更。

以上より、昭和5(1930)年以前に開院し、昭和54(1979)年から昭和56(1981)年の間に閉院したようです。


2.森田資孝について調べました。

1の調査より、多いときには電話番号が3本も引かれていたことが分かり、森田病院は大きな病院であったようです。森田資孝が地元の名士である可能性が高く、名古屋の人物が掲載されている資料も調べられる「なごやコレクション」を検索したところ下記の資料4点がヒットしました。
『大名古屋名鑑』p.300
『中京名鑑 昭和3年版』p.214
→大正6年中区大津町に森田病院を開設、朝日町に昭和3年に新築移転したことがわかりました。また、森田病院は6階建、X光線室や日光浴室があり、鈴木禎次の設計であったこともわかりました。
『愛知県名士鑑』p.444
『中京名士録』p.179
→上記2冊は、大正年間の発行であるため、朝日町の森田病院についての記述はありませんでした。

また、他の資料にも当たったところ、下記の資料2点にも森田病院について記述がありましたが、新しい情報は掲載されていませんでした。
『中京名鑑 昭和7年版』p.263
『中京名鑑 昭和11年版』p.341

3.鈴木禎次の作品が掲載されている資料を調べました。

『鈴木禎次及び同時代の建築家たち』p.10、24、29-30、66-67
→「森田医院」のキャプションで写真が掲載され、地下1階、地上6階建て、昭和3(1928)年竣工と説明があります。また、”名古屋の表現主義建築を代表する建築”との紹介があり、平面図も掲載されています。

4.病院や医師会についての資料を調べました。

『愛知県病院総覧』p.33
→住所は同じですが、開設者は福井良久、開設は昭和30年8月1日となっています。
『名古屋市医師会史』p.526
→大正6(1931)年3月10日に創立され、現在の位置に移転したのは昭和3(1928)年4月1日と記されています。
『病院要覧 1952年版』
→掲載あり。院長名は福井冨雄です。
『病院要覧 全国病院名簿』p.116
『病院要覧 1979年版』p.168
→上記2冊とも掲載あり。院長名は福井良久です。
『病院要覧 1983年版』
→掲載なし。

5.その他の資料です。
『大名古屋便覧 汎太平洋平和博覧会記念』p.169
→市内官公私立病院の項目に掲載がありました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
自然科学  (4)
参考資料
(Reference materials)
『電話番号表〈名古屋〉 明治四十二年五月三十一日改』、名古屋郵便局、[1909]
『名古屋電話番號表 大正10年6月10日開通』、名古屋中央電話局、[1921] (p.14)
『名古屋電話番號簿 昭和5年4月1日現在』、名古屋中央電話局/[編]、名古屋中央電話局、1930 (p.452)
『名古屋50音別電話帳 1974』、日本電信電話公社東海電気通信局/編、日本電信電話公社東海電気通信局、1974 (p.1255)
『[名古屋]職業別電話帳 1978上』、日本電信電話公社東海電気通信局/編、日本電信電話公社東海電気通信局、1978 (p.41)
『名古屋職業別電話帳 1982上』、日本電信電話公社東海電気通信局/編、日本電信電話公社、1982
「なごやコレクション」( http://e-library2.gprime.jp/lib_city_nagoya/da/top )【サイト最終確認日:2016/06/24】
『大名古屋名鑑』、実業評論社総務局、1935 (p.300)
『中京名鑑 昭和3年版』、名古屋毎日新聞社、1928 (p.214)
『愛知県名士鑑』、名古屋新聞社、1925 (p.444)
『中京名士録』、名古屋毎日新聞社/編、名古屋毎日新聞社、1920 (p.179)
『鈴木禎次及び同時代の建築家たち 鈴木禎次生誕130年記念展』、瀬口哲夫/編著、20世紀の建築文化遺産展実行委員会/編著、20世紀の建築文化遺産展実行委員会、2001 (p.10、24、29-30、66-67、写真・平面図あり)
『愛知県病院総覧』、市民保健研究会/編、市民保健研究会、1960 (p.33)
『名古屋市医師会史』、名古屋市医師会/著、名古屋市医師会、1941 (p.526)
『病院要覧 全国病院名簿』、厚生省医務局総務課/編、医学書院、1964 (p.116)
『病院要覧 1979年版』、厚生省医務局総務課/編、医学書院、1979 (p.168)
『病院要覧 1983年版』、厚生省医務局総務課/編、医学書院、1983
『ゼンリンの住宅地図[1979年-第6]名古屋市中区』、[日本住宅地図出版/編]、日本住宅地図出版、1979 (23図)
『ゼンリンの住宅地図[1981-第6]名古屋市中区』、日本住宅地図出版/編、日本住宅地図出版、1981 (23図)
『中京名鑑 昭和7年版』、名古屋毎日新聞社/編、名古屋毎日新聞社、1932 (p.263)
『中京名鑑 昭和11年版』、名古屋毎日新聞社/編、名古屋毎日新聞社、1936 (p.341)
『居住者全図 昭和4年』 (区画1)
『居住者全図 昭和8年』 (区画1)
『名古屋市全住宅案内図帳 昭和30年版 中区』 (6図)
『なごやの町名』、名古屋市計画局/[編]、名古屋市計画局、1992 (p.781)
『病院要覧 1952年版』、医学書院、1952 (名古屋大学附属図書館所蔵資料)
『大名古屋便覧 汎太平洋平和博覧会記念』、江崎浮山/編、大名古屋便覧発行所、1937 (p.169)
キーワード
(Keywords)
森田病院
森田資孝
鈴木禎次
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000193872解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!