このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000193784
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001015535
事例作成日
(Creation date)
2016/04/10登録日時
(Registration date)
2016年06月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年06月24日 00時30分
質問
(Question)
安藤昌益が狩野亨吉により発掘されたことについて、経緯などを書いた資料を探しています。
回答
(Answer)
次の資料を紹介しました。

『安藤昌益』(狩野亨吉/著 書肆心水 2005.11)
初めて世に昌益を紹介した論考「安藤昌益」を収録しています。

『いのちの思想家安藤昌益』(石渡博明/著 自然食通信社 2012.11)
「狩野亨吉―「大思想家」安藤昌益との出会い」と題する項があり、狩野のもとに『自然真営道』が持ち込まれた経緯などについて記されています。

『日本の名著19:安藤昌益』(安藤昌益/[著] 野口武彦/責任編集 中央公論社 1978)
「土の思想家 安藤昌益」(野口武彦/著)と題する解説が収録されており、その中に「狩野亨吉の発見」という項目があります。

『甦る!安藤昌益』(寺尾五郎/[ほか]編著 社会評論社 1988.3)
シンポジウム「安藤昌益は甦り、現代に生きる」のパネラー報告「安藤昌益と狩野亨吉」(鈴木正/述)を収録しています。

『狩野亨吉の研究』(鈴木正/著 ミネルヴァ書房 2013.9)
第1部2項「安藤昌益の発見」という一文が収録されています。狩野の文献蒐集は昌益を発見するための物理的原因になったなどの記述があります。

『狩野亨吉の生涯』(青江舜二郎/著 中央公論社 1987.9)
第3編第2章の章題が「安藤昌益」となっており、大正13年の暮れに『自然真営道』の写本を入手したことなどの記述があります。

[事例作成日:2016年4月10日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本思想  (121)
参考資料
(Reference materials)
安藤昌益 狩野/亨吉∥著 書肆心水 2005.11
いのちの思想家安藤昌益 石渡/博明∥著 自然食通信社 2012.11
日本の名著 19 中央公論社 1978
甦る!安藤昌益 寺尾/五郎∥[ほか]編著 社会評論社 1988.3
狩野亨吉の研究 鈴木/正∥著 ミネルヴァ書房 2013.9
狩野亨吉の生涯 青江/舜二郎∥著 中央公論社 1987.9
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000193784解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決