このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000193319
提供館
(Library)
仙台市民図書館 (2210011)管理番号
(Control number)
宮城野2016-事2
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2016年06月15日 16時47分更新日時
(Last update)
2016年11月11日 19時38分
質問
(Question)
ロシア民謡に「ぐみ」の木が出てくる曲があるが、この「ぐみ」は日本の「ぐみ」とは違うのか?
回答
(Answer)
『ロシア音楽事典』p207-208の「小さなぐみの木」の項に「楽団カチューシャの訳した題名だが、原題は「細きリャビーナ」といい、「リャビーナは日本ではナナカマドと呼ばれる灌木で、「ぐみ」ではない。」とあった。また、『トロイカから私を呼んでまで ロシア愛唱歌集 続』のp42-44にも「小さなぐみの木」の記載があり「「ぐみ」と訳されていますが、実はナナカマドです。」と、同様の記述があった。これらの資料で、原題の綴りもわかったので、露和辞典をひいてみると、「①ナナカマド ②その実」の訳が確認できた。結論として、「リャビーナ」は、「ナナカマド」であり、日本で言う「ぐみ」ではない。
回答プロセス
(Answering process)
植物図鑑でぐみの木について調べたが、ロシアと日本での違いについての記述はなかった。次に、インターネットで「ロシア民謡」、「ぐみの木」をキーワードに検索してみると、その民謡が「小さなぐみの木」という曲名であることがわかった。そこで、ロシア民謡やロシア音楽の本を調べ、上記の回答にたどりつき、原題の綴りも判明したところで、念のため、辞典をひいて意味も調べた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『ロシア音楽事典』 日本・ロシア音楽家協会/編 河合楽器製作所・出版部 2006年
『トロイカから私を呼んでまで ロシア愛唱歌集 続』 山之内重美/著 東洋書店 2004年
『研究社露和辞典』 東郷正延[ほか]/編 研究社 1988年
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000193319解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!