このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000192948
提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-H28-011
事例作成日
(Creation date)
2015年01月11日登録日時
(Registration date)
2016年06月04日 17時51分更新日時
(Last update)
2016年06月05日 13時37分
質問
(Question)
背守りの図柄が載っている本を見たい。
回答
(Answer)
①と②の資料を貸出された。
回答プロセス
(Answering process)
市内OPACでキーワード“セマモリ”で検索したが、該当する資料は見つからなかった。

オンラインデータベース ジャパンナレッジ Lib( http://japanknowledge.com/library/ 2016/01/11 最終確認)でキーワード“背守り”で検索したところ、次の情報がヒットした。
幼児の着物の背の上部中央につける縫印(ぬいじるし)。幼児の着物は一幅(ひとはば)で背縫いがないため、後ろ身頃(みごろ)の衿(えり)の付け根に、目だつ色糸で大きく縫い目をつけたり、松や鶴(つる)・亀(かめ)などのめでたい模様を縫い付けたものである。背縫いは、縫うことによって着る人の霊魂が込められる、安置されると考えられていたが、それがない着物には縫印をつけて、着る者の霊魂の安定を願い、ひいては魔除(まよ)けの印としての意味をもっていた。現在の紋章の原点の一つといえよう。
[鎌田久子]

"背守り", 日本大百科全書(ニッポニカ), JapanKnowledge, http://japanknowledge.com, (参照 2016-01-11)




amazon( http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC-%E5%92%8C%E6%9B%B8/b?ie=UTF8&node=465392 2016/01/11 最終確認)でキーワード“背守り”で検索し、次の資料を見つけた。
①『知っているとうれしいにほんの縁起もの』 広田千悦子/著 徳間書店 2008 (城山公民館請求記号:387)
p82-83に「背守り」の項がある。イラストで押絵の図柄が6種、刺繍の図柄が7種掲載され、図の意味も載っている。

②『背守り』 LIXIL出版 2014 (藤沢市立図書館請求記号:383.16)
糸印や押絵など各種の背守りの写真のほか、守り袋や迷子札などが多数掲載されている。

レファレンス協同データベース( https://crd.ndl.go.jp/reference/ 2016/01/11 最終確認)でキーワード“背守り”で検索したところ、複数の事例がヒットした。
事例を確認し、和裁・着物関係の資料にあるようだと分かった。

市内OPACでキーワード“ウブギ”で検索した結果、次の資料が見つかった。
③『服飾文化研究会きもの図録 3』 服飾文化研究会/著 源流社 2007 (自館請求記号:R388.1)
p9、p14、p18に写真はあるが、図柄は載っていない。

④『常識として知っておきたい日本のしきたり 図解版』 廣済堂出版 2007 (自館請求記号:386.1)

和裁に関する棚をブラウジングした結果、次の資料を見つけた。
⑤『和裁』 講談社/編 講談社 1988 (自館請求記号:LI593)
p334に「紐飾り・背紋飾り」の項があり、図が8種掲載されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383)
参考資料
(Reference materials)
『知っているとうれしいにほんの縁起もの』 広田千悦子/著 徳間書店 2008
『背守り』 LIXIL出版 2014
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000192948解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決