このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000192918
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000027501
事例作成日
(Creation date)
2016/05/10登録日時
(Registration date)
2016年06月04日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年07月26日 10時44分
質問
(Question)
箸や匙など食べるための器具について。日本と世界の歴史が知りたい。
人類がいつこうしたものを使い始めたか、日本では初めから箸を使っていたのか、大陸から入ってきた文化なのか等。
回答
(Answer)
『日本大百科全書 18』(1995)の「箸」には、日本の古代の箸が竹製のピンセット状のものであったこと、中国文化の影響を受け、奈良時代にはすでに二本の箸の使用が一般化していたこと、語源、種類、用途、使用法、箸に関する民俗等の記載がある。
『同書 12』の「食器」には、〔料理をつまみとる食器〕としてフォーク、ナイフ、箸、杓子などについての記載がある。

『箸の本』(本田総一郎)には、世界の三大食法(手食、箸食、ナイフ・フォーク・スプーン食)の歴史、箸の歴史、民俗、文化、生産、作法と詳しい。
『日本人はなぜ箸を使うか』『箸の文化史』(一色八郎)をあわせて紹介。
この3冊には豊中市の島田遺跡から七・八世紀の遺物としてピンセット型の竹の箸が出土していることが紹介されている。

『箸の絵本』(農文協)は児童書で、上記のことが簡潔にまとまっており分かりやすい。

現在手に入り、読みやすいものはあるか、とのことだったので書棚にあったものの中から『物語 食の文化』(中公新書)を紹介した。

後日、燕市産業史料館に伊藤豊成氏の膨大な世界のスプーンコレクションが所蔵されていることを教えていただいた。
燕市産業史料館 http://www.city.tsubame.niigata.jp/shiryou/index.html
伊藤豊成コレクション 世界のスプーン館
http://www.city.tsubame.niigata.jp/shiryou/shinkan_itctop.html
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『箸の絵本』 兵左衛門へん(農山漁村文化協会)
『箸の本』 本田 総一郎[著](柴田書店)
『箸の文化史一色』 八郎著(御茶の水書房)
『日本人はなぜ箸を使うか』 一色 八郎著(大月書店)
『物語 食の文化』 北岡 正三郎著(中央公論新社)
キーワード
(Keywords)
箸(ハシ)
食事(ショクジ)
ナイフ(ナイフ)
フォーク(フォーク)
スプーン(スプーン)
食器(ショッキ)
道具(ドウグ)
匙(サジ)
島田遺跡(シマダ イセキ)
食文化(ショクブンカ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000192918解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!