このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000192871
提供館
(Library)
宇都宮市立図書館 (2310280)管理番号
(Control number)
宇南16-00246
事例作成日
(Creation date)
2015年09月11日登録日時
(Registration date)
2016年06月02日 12時58分更新日時
(Last update)
2016年06月16日 14時17分
質問
(Question)
小学3年生に紹介できる「鬼怒川の名前の由来」についての本はないか。
回答
(Answer)
小学生でも理解できるような資料が見つからなかったため,下記の資料1~5の資料により回答した。

・古くは毛野川(けぬがわ)((続日本紀),「下野国誌」),毛野河(けののかわ)(「常陸風土記」)とある。
・古代・中世には「衣川」,「絹河」「絹川」が使われ,明治以降に「鬼怒川」の字が使われるようになった。
・由来としては,現在の栃木の地名が「毛野国」とあること,絹の産地を流れていることがあげられるようである。
・「鬼怒」に関しては川がしばしば氾濫し,多くの被害をもたらしたところから,この字が使われたと推測されている。

1『角川日本地名大辞典 9 栃木県』
 p.347 鬼怒川
 「鬼怒川は「下野国誌」に「往古に毛野川と唱う」とあり,下野の古称毛野国の第1の河川として「毛野川」が変化したものと考えられる。平安期には絹川,中世には衣川とも書かれた。」

2『栃木県の地名』
 p.23 鬼怒川
 「毛野(けぬ)川を鬼怒川の古称と推定する説もある。古代・中世には衣川・絹河とも書かれた。」
 「鬼怒川の字があてられるようになるのはずっと遅く,明治九年(1876)の頃と思われる。」

3『とちぎの地名を探る』
 p.67-68 氾濫・決壊河川の鬼怒川と小貝川
・「鬼怒川の古い呼び名は「毛野(けぬ)河」であった。」
  723年ころに成立した『常陸風土記(ひたちのふどき)』の中に,「毛野河」の名がみえる。
 ・「『倭名類聚鈔』には毛野河を「衣(きぬ)川」と記し,中世から近世の文献には「衣川」とか「絹川」と記している。これは衣は絹を原料とするので,衣川・絹川を混用したのであろう。今日の「鬼怒川」の字は,明治初期になってから使われるようになった。」

4『栃木「地理・地名・地図」の謎 : 意外と知らない栃木県の歴史を読み解く!』
 p.182-183 「鬼怒川」の名称は栃木独特のなまりから生まれた?
 ・「「けぬかわ」の発音が「きぬがわ」になり,やがて漢字表記も「鬼怒川」と書かれるようになったのではないかと考えられているのである。」
 ・「鬼怒川はしばしば氾濫し,まるで鬼が怒ったようになることから,「鬼の怒る川」→「鬼怒川」になったという説がある。」
 ・「絹の産地を流れていたことから「衣川」「絹川」と呼ばれ,それが鬼怒川になったという説もある。」

5『栃木の水路』p.123-124
 「鬼怒川は『続日本紀』には「毛野川」と記され,後には「衣川」とか「絹川」が用いられているが,近代になってから「鬼怒川」と書かれるようになった。鬼怒川の名称の由来は明確ではないが,沿岸の田畑や人家を流し,多くの人命をも奪って,沿岸住民に大きな災害を与えたから,沿岸住民の恐怖心や怒りから生まれたのであろうか。」

[追加資料]
1『風土記 : 現代語訳付き 上』
 p.24 常陸国風土記 新治郡
 「新治郡(にひがりのこほり)。東は那賀郡(なかのこほり)との堺の大き山,南は白壁郡(しらかべのこほり),西は毛野河(けののかは),北は下野・常陸の二つの国の堺,波太(はだ)の岡。」

2『下野国誌』
 二之巻 衣川(キヌカハ)
 「往古ハ国名をさへ負ハせて,毛野(ケヌ)川としも唱へしなり」
回答プロセス
(Answering process)
質問者の小学校の学校司書の方から,「学校の資料を見たが,紹介できるような資料がない。」との話があった。
所蔵資料から鬼怒川に関する記述を探した。
鬼怒川の由来について記述があった資料を基に回答した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 8版)
参考資料
(Reference materials)
「角川日本地名大辞典」編纂委員会 , 「角川日本地名大辞典」編纂委員会. 角川日本地名大辞典 9 栃木県. 角川書店, 1978.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I045456089-00 , ISBN 4040010906
平凡社地方資料センター編集 , 平凡社地方資料センター. 栃木県の地名. 平凡社, 1988-08. (日本歴史地名大系)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000074-I000001650-00 , ISBN 4582490093
塙静夫 著 , 塙, 静夫, 1932-. とちぎの地名を探る. 随想舎, 1996.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002637308-00 , ISBN 4938640872
篠﨑茂雄 監修 , 篠﨑, 茂雄, 1965-. 栃木「地理・地名・地図」の謎 : 意外と知らない栃木県の歴史を読み解く!. 実業之日本社, 2014. (じっぴコンパクト新書 ; 218)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025865604-00 , ISBN 9784408455327
栃木県文化協会. 栃木の水路. 栃木県文化協会, 1979.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001443779-00
中村啓信 監修・訳注 , 中村, 啓信, 1929-. 風土記 : 現代語訳付き 上. KADOKAWA, 2015. ([角川ソフィア文庫] ; [A116-1])
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026420312-00 , ISBN 9784044001193
河野守弘/著. 下野国誌. 関東史料研究会, 1975.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I050293497-00
キーワード
(Keywords)
鬼怒川
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000192871解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!