このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000192779
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢本-2016-004
事例作成日
(Creation date)
2015/06/21登録日時
(Registration date)
2016年05月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年05月31日 17時13分
質問
(Question)
所沢駅西口にある、現在西武鉄道車両工場跡地に、戦時中、陸軍の通称「南倉庫」と呼ばれたところがあったと聞いている。その関係の資料があったら見たい。
回答
(Answer)
以下の資料に記載があります。
 〇『所沢の町場と飛行場』 井筒屋町造商店 編 井筒屋町造商店 2005年
 〇『所沢陸軍飛行場史』 小沢 敬司/著 小沢 敬司 1978年
 〇『飛翔』 所沢航空資料調査収集する会 編 所沢航空資料調査収集する会 2003年
回答プロセス
(Answering process)
1 所蔵資料の内容確認
 〇『所沢の町場と飛行場』 井筒屋町造商店 編 井筒屋町造商店 2005年
   P7に「所沢航空参考館(南倉庫)の項に記載があります。
 
 〇『所沢陸軍飛行場史』 小沢 敬司/著 小沢 敬司 1978年
   P36に「-(前略)- また、鉄道輸送により所沢駅に発着する飛行機・機材のため、大正10年、所沢町久米稲荷林の地を買収し、所沢駅から引込線を敷設し南倉庫を設けた。最初、輸送係であったようであるが、後、器材係が長期使用した。その事務所建物・格納庫の一部は西武鉄道車両工場として現存している。なお、この格納庫は青島戦後 戦利品として移設された元ドイツ軍青島飛行場のものである。-(以下省略)- 」との記載あり。
 
 〇『飛翔』 所沢航空資料調査収集する会 編 所沢航空資料調査収集する会 2003年
   P13に「当時は飛行機は分解して貨車で運び、所沢駅より南倉庫(旧西武車両工場) へ引き込み線で運び、ここより牛車に引かせて飛行場まで運びました。当時は曲がりくねった野道で不便だったので飛行機新道ができました。」との記載あり。牛車で運搬する「飛行機の運搬(大正14年5月 フランスから輸入した飛行機運搬のもの)」の写真あり。
 
2 その後の調査による追加資料
 〇『日本の航空発祥100周年・所沢」 所沢航空発祥100周年記念事業実行委員会 2012年
   P10に「航空参考館跡(旧西武鉄道車両工場)」に関連記載と上空写真あり。
       1939年(昭和14年)、陸軍航空部補給部の廃材廠だった通称:南倉庫に航空参考館が作られました。-(中略)- 今でもコンクリートの高い塀の横の道には「陸軍用地」の石の指標をみることができます。」との記載あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
国防.軍事  (390 9版)
参考資料
(Reference materials)
所沢の町場と飛行場 井筒屋町造商店 編 井筒屋町造商店 2005 213.4
所沢陸軍飛行場史 小沢 敬司/著 小沢 敬司 1978 K390
飛翔 所沢航空資料調査収集する会 編 所沢航空資料調査収集する会 2003 K390
日本の航空発祥100周年・所沢 所沢航空発祥100周年記念事業実行委員会 2012.3 687.21
キーワード
(Keywords)
南倉庫
西武車両工場跡
所沢航空参考館
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000192779解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!