このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000192255
提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図20160002
事例作成日
(Creation date)
20151122登録日時
(Registration date)
2016年05月15日 19時42分更新日時
(Last update)
2016年05月20日 16時19分
質問
(Question)
楽器の音を色に例えて書いた本
回答
(Answer)
楽器の音を色に例えて書かれていたのは,次の資料である。
『色彩科学事典』には,カンディンスキーが楽器の音を色で例えた記述があった。
カンディンスキーの著作『抽象芸術論』には,「形態言語と色彩言語」に,関連する記述があった。
『色彩用語事典』には,楽器の音の高低や鋭さが,色彩の明度や彩度に関係することが書かれていた。
『色の秘密:最新色彩学入門』には,音刺激によって色覚をともなう事例に,関連記述があった。
また,次の論文には,楽器の音を使った色に関する実験結果が掲載されていた。
「音と色との共感覚に関する研究」橋本令子,加藤雪枝/著,椙山女学園大学研究論集 自然科学篇 第33号,2002,p.57-67
回答プロセス
(Answering process)
1 色彩に関する資料を調べた。
  『色彩科学事典』は,音楽と関連がありそうな「色と共感覚,色聴現象」という項目に,カンディンスキーに関する関連記述があった。
2 1で引用されていたカンディンスキーの著作について調べたところ,『抽象芸術論』の中に,関連記述があることが分かった。
3 国内の論文を探すCiNii Articles(サイニイ アーティクルズ)により,「音」や「色」のほか,これまでの調査に出てきた「共感覚」というキーワードで検索したところ,関連する論文を見つけた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
デザイン.装飾美術  (757 9版)
光学  (425 9版)
参考資料
(Reference materials)
『色彩科学事典』日本色彩学会/編,朝倉書店,1991 (「色と共感覚,色聴現象」(p.20))
『抽象芸術論:芸術における精神的なもの』カンディンスキー/[著],西田秀穂/訳,第2版,美術出版社,1977 (「形態言語と色彩言語」(p.73-121))
『色彩用語事典』日本色彩学会/編,東京大学出版会,2003 (「色彩と音楽」(p.228-229),「色彩の共感覚効果」(p.230-231))
『色の秘密:最新色彩学入門』野村順一/著,増補,文藝春秋,1994 (「音によって色を見る!」(p.56-57))
椙山女学園大学研究論集 自然科学篇 第33号,2002 (「音と色との共感覚に関する研究」橋本令子,加藤雪枝/著(p.57-67))
キーワード
(Keywords)
楽器
音楽
音色
色彩
色聴
共感覚
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000192255解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決