このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000192229
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M16041617079730
事例作成日
(Creation date)
2016/4/8登録日時
(Registration date)
2016年05月15日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
アルツハイマー病は女性の方がかかりやすいと聞いたが本当か。
回答
(Answer)
『医療・医療経営統計データ集2015年版』の「主な傷病の総患者数」の項目において、アルツハイマー病患者の男性、女性比を確認したところ、患者総数366000人に対して、男性は、104000人、女性は、262000人であると記載があった。女性患者数は男性患者数の約2.5倍多いことが分かる。

また、『認知症の正体』には、「女性と男性の発病率」という項目に「アルツハイマー病の患者は、女性が男性の2,6倍と圧倒的に多くなっています。」と記載されている。なお、その理由については、「女性の方が男性より平均寿命が長く、高齢者人口に占める割合相対的に高いこと」と「脳の神経細胞の保護に重要な役割を果たす女性ホルモンが閉経後急激に減少し、神経細胞が消滅する確率が高まること」が要因として挙げられている。

また、『アルツハイマー病がわかる本』には、「男性より女性のほうがなりやすい」というコラムの中で、「アルツハイマー病の発症率を男女で比較すると、同年代で比較しても、女性は男性の1.5~2倍です。」と記載されている。なお、その理由については、はっきり分かっていないと記載があるものの、「女性ホルモンの減少との関係が指摘されています。」と記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
内科学  (493 9版)
参考資料
(Reference materials)
廣瀬輝夫『医療・医療経営統計データ集2015年版』 三冬社,2014,342p. 参照はp.166.
飯島裕一『認知症の正体』 PHP研究所,2011,269p. 参照はp.108.
植木彰『アルツハイマー病がわかる本』 法研,2012,167p. 参照はp.57.
キーワード
(Keywords)
アルツハイマー病
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2016041617071179730
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000192229解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!