このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000192228
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M16041518379728
事例作成日
(Creation date)
2016/04/15登録日時
(Registration date)
2016年05月15日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
岡山県の原始から中世くらいまでの海岸線がわかる資料はあるか。
回答
(Answer)
いずれも推定ではあるが、海岸線のある図を掲載している資料として以下がある。

①岡山県史編纂委員会『岡山県史 原始・古代1』岡山 岡山県,1991,722p.
p.23「旧石器時代備讃瀬戸の遺跡分布」(海は亀山海進の推定海岸線)

②植松岩實『岡山平野の歴史地理』岡山 植松岩實,2008,160p.
p.2「縄文時代前期の岡山平野」
p.3「奈良時代の岡山平野」
p.4「中世末の岡山平野」

③真壁忠彦・真壁葭子『日本の古代遺跡 23 岡山』 保育社,1985,279p.
p.51「児島のおもな遺跡」(点線は弥生時代のころの海岸線)
p.35「広義の旧児島湾岸における縄文貝塚の分布」(縄文期の推定海岸線)

④近藤義郎『吉備の考古学的研究 下』岡山 山陽新聞社,1992,742p.
p.112-113「岡山県南部の古墳時代前半期首長墳分布図」
p.132-133「岡山中央平野前半期古墳分布図」

⑤近藤義郎『岡山県の考古学』 吉川弘文館,1987,627p.
p.109「旧海岸推定線と前期の遺跡」(弥生時代)
p.352「古代行政区画と古代寺院址の分布」
p.437「備前南部における中世貝塚の分布」
p.464「備前南部における古代・中世寺院の分布」
p.518「備讃瀬戸における弥生時代製塩土器出土遺跡分布」

⑥藤井学ほか『県史33 岡山県の歴史』 山川出版社,2012,342p.
p.13「おもな旧石器・縄文・弥生時代遺跡の分布」
p.22「岡山県の特殊器台の分布」

⑦岡山大学埋蔵文化財調査研究センター『吉備の弥生時代』岡山 吉備人出版,2016,136p.
p.11「岡山平野南部の地形変化」(弥生時代前期・弥生時代後期後半)
p.12「旭川下流域の弥生時代集落」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中国地方  (217 9版)
参考資料
(Reference materials)
①岡山県史編纂委員会『岡山県史 原始・古代1』岡山 岡山県,1991,722p.
②植松岩實『岡山平野の歴史地理』岡山 植松岩實,2008,160p.
③真壁忠彦・真壁葭子『日本の古代遺跡 23 岡山』 保育社,1985,279p.
④近藤義郎『吉備の考古学的研究 下』岡山 山陽新聞社,1992,742p.
⑤近藤義郎『岡山県の考古学』 吉川弘文館,1987,627p.
⑥藤井学ほか『県史33 岡山県の歴史』 山川出版社,2012,342p.
⑦岡山大学埋蔵文化財調査研究センター『吉備の弥生時代』岡山 吉備人出版,2016,136p.
キーワード
(Keywords)
海岸線
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2016041518355479728
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000192228解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!