このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000192223
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M16031811477493
事例作成日
(Creation date)
2016/4/7登録日時
(Registration date)
2016年05月15日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年03月29日 00時30分
質問
(Question)
液状化現象が起こるしくみについて知りたい。
回答
(Answer)
①『東日本大震災に学ぶ日本の防災』では、「砂つぶ同士がかみ合っていた地盤が、地震のためにゆさぶられて、砂つぶが離れ、液体のようになる。」とあり、地震前、中、後を絵で紹介している。
②『ちきゅうのふしぎ』では「じめんのおくで、くっついていたすなつぶどうしが、じしんなどによってゆらされて、はなればなれになる。そのときすなが、ういたじょうたいになって、えきたいのようにうごくんだ。これを、えきじょうかげんしょうというよ。」とあり、牛乳パックに砂を入れた実験の様子が紹介されている。
③『地層ってなんだろう2』ではバケツに砂とレンガを入れて揺らし、水をしみ込ませる前と後とではどうかという実験をしている。その結果しみ込ませる前はレンガは倒れず、後はちょっとした揺れでレンガが倒れるという結果になった。という説明がある。
④『災害・防災図鑑  すべての災害から命を守る』では「液状化が起こりやすい地盤といわれるのは、海岸や川のそばの比較的地盤がゆるく、地下水位が高い砂地盤などです。」とあり、東日本大震災により液状化が発生した場所を地図上で示している。
⑤『宇宙から探る地球環境 4 最新衛星画像で探る!』では液状化現象が起きた場所を衛星画像で紹介しており、液状化のしくみについても、地震前と後では地盤がどう変化するかを絵で紹介している。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会福祉  (369 9版)
参考資料
(Reference materials)
①地震予知総合研究振興会『東日本大震災に学ぶ日本の防災』学研教育出版,2012.2,95p.参照はp.32-33
②左巻健男『ちきゅうのふしぎ』講談社,2012.6,48p.参照はp.9
③目代邦康『地層ってなんだろう2』汐文社,2014.3,47p.参照はp.20
④CeMI環境・防災研究所『災害・防災図鑑  すべての災害から命を守る』文溪堂,2013.3,111p.参照はp.8-9
⑤新井田秀一『宇宙から探る地球環境 4 最新衛星画像で探る!』学研,2006.2,47p.参照はp.19
キーワード
(Keywords)
液状化
地震
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2016031811442077493
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
中学生, 小学生(高学年), 小学生(低学年以下)
登録番号
(Registration number)
1000192223解決/未解決
(Resolved / Unresolved)