このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000191978
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000027382
事例作成日
(Creation date)
2016/04/30登録日時
(Registration date)
2016年05月08日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年06月17日 11時42分
質問
(Question)
近世に豊中市近辺でおこなわれていた綿花産業について知りたい
回答
(Answer)
『国史大辞典 第13巻』pp.784-785、『吹田市史 第2巻』pp.113-114をコピーして帰られた。
回答プロセス
(Answering process)
『新修豊中市史』では範囲が狭いので、この辺りの地域全体についてわかる資料を希望された。『川西市史』のコピーを見せてくださり、『池田市史』は調査済みとのことなので、豊中市に隣接する吹田市や茨木市の市史や『国史大辞典』をご覧いただいた。
『国史大辞典』「綿作」の項目には、綿作の発展には近世中期以降の魚肥・油肥によるところが多いことや、天保期頃の綿作面積は河内国・和泉国・摂津国で田畑全耕地面積に対して平均綿作率が約43%とかなり高率であったことが書かれていた。この三国についで尾張・三河が主要産地として知られ、江戸後期にはこちらも畑方綿作が40~50%ほどと高率であったと予想されている。江戸時代中期以降から産地が拡散したため、瀬戸内諸国や武蔵・尾張・三河・伯耆の生産が高まり、相対的に近畿の生産比重は低下した、ということも載っていた。
国立国会図書館のレファレンス協同データベースでキーワード「綿 近世」を検索すると一番目に府立中之島図書館の記録があり、調査資料の中に「河内木綿」関係の資料が書かれていた。市内所蔵本を検索すると『河内木綿史』などが書架にあることが分かり提供した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『河内木綿史武部』 善人/著(吉川弘文館)
『河内木綿と大和川』山口 之夫/著(清文堂出版)
『新修豊中市史 第1巻』豊中市史編さん委員会/編集(豊中市) (pp.679-685)
『新修豊中市史 第8巻』豊中市史編さん委員会/編集(豊中市)
『新修豊中市史 第5巻』豊中市史編さん委員会/編集(豊中市) (pp.463-464)
『国史大辞典13』国史大辞典編集委員会/編(吉川弘文館) (pp.784-785)
『吹田市史 第2巻』吹田市史編さん委員会/編(吹田市役所) (pp.113-114)
キーワード
(Keywords)
綿花(メンカ)
木綿(モメン)
生糸(キイト)
菜種(ナタネ)
産業(サンギョウ)
近世(キンセイ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000191978解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決