このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000191907
提供館
(Library)
兵庫県立図書館 (2110027)管理番号
(Control number)
00179
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2016年05月06日 15時21分更新日時
(Last update)
2016年10月23日 16時01分
質問
(Question)
但馬の国府に「船所」というものが国衙の一機関として存在していたそうだが、
奈良時代(特に804年以前)にそのような機関としての「船所」が載っている資料がないか。
回答
(Answer)
①『日本古代水上交通史の研究』(兵庫県立図書館請求記号683.2/87)
p419 奈良時代中期、畿内の近国である但馬国に水駅が存在したことを示し…
②『日本国語大辞典』(813.1/148/11)
p982 古代から中世にかけての国衙の一機関で、国内の船や梶取の管理にあたったもの。
③『国史大辞典 5』(210.03/43/5)
p321「船所(ふなどころ)」古代末、国衙機構の中の小機関「所」の一つ。
→参考文献『対外関係と社会経済』「国衙機構の一考察」(自館所蔵なし)
 国立国会図書館デジタルコレクション図書館送信資料(最終確認2016/10/13)
  http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2972394
回答プロセス
(Answering process)
その他調査資料
『平安遺文10』(210.36/2/10)
p18 「御船所以不得進者非臣罪」国衙との関係は不明。
事前調査事項
(Preliminary research)
『正倉院文書と木簡の研究』『但馬史』(216.45/18/3)p49~50「但馬の船所」
NDC
運輸.交通.観光事業  (68)
参考資料
(Reference materials)
①松原弘宣 著 , 松原, 弘宣, 1946-. 日本古代水上交通史の研究. 吉川弘文館, 1985.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001756121-00 , ISBN 4642022015
②日本国語大辞典第二版編集委員会, 小学館国語辞典編集部 編 , 小学館. 日本国語大辞典 第11巻 第2版. 小学館, 2001.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003048207-00 , ISBN 4095210117
③国史大辞典編集委員会 編. 国史大辞典 第5巻 (けーこほ). 吉川弘文館, 1985.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001708653-00 , ISBN 4642005056
キーワード
(Keywords)
船所
国衙
但馬
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000191907解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!