このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000191730
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2016-011
事例作成日
(Creation date)
2015/11/17登録日時
(Registration date)
2016年04月28日 16時47分更新日時
(Last update)
2016年07月06日 16時40分
質問
(Question)
文永の役(1273年11月)・弘安の役(1281年7月)の海の潮の満ち引きを調べたいが、その時代の潮汐表があるか、または算出方法があるか知りたい。
回答
(Answer)
過去の潮汐の算出方法について記述のある以下の資料を紹介した。

『中世の東海道をゆく』(榎原雅治著 中央公論新社 2008)
 p7-14 鎌倉時代の飛鳥井雅有の日記『春の深山路』の旅程から、当時の東海道の環境を復元するため、海上保安庁海上情報部作成のソフトウェア《潮汐推算》( http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/TIDE/tide_pred/index.htm  海上保安庁)を用いて、現在の名古屋港での弘安3年(1280)11月18日、仁治3年(1242)8月17日、建治元年(1275)8月5日の潮位を計算した方法と、その結果表が掲載されている。

『海洋科学基礎講座 3 海洋物理』(東海大学出版会 1981)
 p111- 「潮汐」の章に各種の計算式が示されている。

『海洋学講座 2 海洋物理学』(東京大学出版会 1976)
 p88- 「潮汐についての基本方程式とその解」に各種の計算式あり。

ウェブサイト・データベースの最終アクセスは2015年11月17日。
回答プロセス
(Answering process)
1 《Google》( http://www.google.co.jp/  Google)を〈潮汐表〉で検索
《潮汐観測資料》( http://www.data.jma.go.jp/kaiyou/db/tide/genbo/index.php  気象庁)
 過去の場所別観測確定値を見ることができるが、1992年からのみ。

2 NDC分類〈451〉(気象学)、〈452〉(海洋学)関連資料を調査
以下質問に関する記述のない資料
『潮汐・潮流の話 科学者になりたい少年のために』(柳哲雄著 創風社出版 1987)
 p57 「潮汐・潮流の予報」の章に、「村上水軍の潮汐表」(旧暦各月上旬・中旬・下旬各日の満潮・干潮の時刻を表す早見表)あり。それ以前の時代については記述なし。
『潮汐の話 地球の鼓動 現代の科学 47』(エドワード・P.クランシー著 河出書房新社 1972)
『古記録による13世紀の天候記録』(水越允治編 東京堂出版 2010)
 天気の記録のみ。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
気象学  (451 9版)
海洋学  (452 9版)
参考資料
(Reference materials)
『中世の東海道をゆく』(榎原雅治著 中央公論新社 2008), ISBN 978-4-12-101944-8
『海洋科学基礎講座 3 海洋物理』(東海大学出版会 1981)
『海洋学講座 2 海洋物理学』(東京大学出版会 1976)
キーワード
(Keywords)
潮汐
元寇 (1274, 1281)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000191730解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!