このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000191522
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2015-0066
事例作成日
(Creation date)
2016/03/11登録日時
(Registration date)
2016年04月22日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年04月22日 00時30分
質問
(Question)
『近江の歌枕紀行』(三品千鶴著 白川書院 1977年)に掲載されている淳仁天皇の「信楽や外山の奥に住居してかひこの洞に我ありと知れ」という歌の意訳と解釈を知りたい。
回答
(Answer)
淳仁天皇御製の歌について、『新編 国歌大観』、『校註国歌大系』、『私家集大成』で確認しましたが記載がありませんでした。
『近江輿地志略』によると,「[保良旧都]土俗相傳玉桂寺の上の山の御墓は、廃帝の御墓也。かひこの保良といふ。相傳廃帝此地に?止し給ふ。古昔は岩窟の洞あり。廃帝の御製に「信楽や外山の奥に住居してかひこの洞に我ありと知れ 」此歌を椿の葉に記して信楽川に流し給ふといふ。窟今崩れて跡かたもなし云々と。臣按ずるに勅旨一村其餘の村までも古の都の時は皆保良といひしなるべし。かひこのほらとは例の土俗の誤にして洞といふより岩窟ありしなるべし等と思ひ、岩窟も今はなしと云ふなるべし。或は云ふ「信楽や外山の奥に住居して我此洞にありとしるべし。」廃帝の詠也といへり。此歌得たりとす。保良都の事前に詳にせり。」との記述があります。
『甲賀郡志』『信楽町史』も確認しましたが、意訳や解釈などは掲載されていませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 近江の歌枕紀行 三品千鶴∥著 近江文化会∥編 白川書院 1977年 S-9100- 77 p.83

2 近江輿地志略 全 寒川辰清∥著 宇野健一∥改訂校註 弘文堂書店 1976年 S-2900-734 p.587-588

3 甲賀郡志 下巻 甲賀郡教育会∥編 名著出版 1971年 S-2130-2 p.1164-1165

4 信楽町史 信楽町史編纂委員会∥編 滋賀県立甲賀高等学校社会部∥編 臨川書店 1986年 S-2137- 86 p.253

5 新編 国歌大観 第1巻 [2] 勅撰集編 -索引- 「新編国歌大観」編集委員会∥編 角川書店 1983年 R-P080-1

6 校註国歌大系 第1巻 古歌謡集 国民図書∥編 講談社 1976年 R-P080-1

7 私家集大成 1 中古 1 和歌史研究会∥編 明治書院 1985年 R-P080-1
キーワード
(Keywords)
淳仁天皇
和歌
御製
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000191522解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!