このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000191286
提供館
(Library)
愛知学院大学図書館情報センター (3310067)管理番号
(Control number)
日進16R-10
事例作成日
(Creation date)
2016年04月12日登録日時
(Registration date)
2016年04月19日 16時27分更新日時
(Last update)
2016年04月27日 11時32分
質問
(Question)
アメリカでのコーンスープの起源が知りたい。
回答
(Answer)
下記の資料を提供する。                     *(  )内は当館請求記号
『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典2』(383.8/085/2)
『トウモロコシの科学』(498.5/0705/18)
『日本大百科全書15』(031/014/15)
回答プロセス
(Answering process)
『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典2』(383.8/085/2)のトウモロコシの文化史中南米の項に、「トウモロコシ生地から作られる、儀式の際のスープや飲料(ポソーレpozde)と呼ばれ、トウモロコシを丸粒のまま入れるスープ」という記述を見つける。
同項に「水にトウモロコシを浸してペースト状にしたものをふるい分けしてから作られるアトーレ(atole)と呼ばれる粥」という記述を見つける。
この2品がコーンスープに近いのではないかと思い、詳しい説明を『トウモロコシの科学』(498.5/0705/18)P.91に見つける。
しかし、コーンスープの起源と明記されているわけではない。
次に自館OPACでキーワード“アメリカ”“料理”で検索する。
『ラテンアメリカ料理』(596/02/18)→×
『アメリカ料理』(596/02/1)より索引で”とうもろこし”をひくと、「コーンスープ」は無かったが、P.73に「中西部というと、ほとんどの人は決まり文句のようにカンサスのコーンチャウダーという」記述を見つける。
そこで、質問者の言う「コーンスープ」は「コーンチャウダー」のことではないかと考え、調べを進めた。
『日本大百科全書15』(031/014/15)で“チャウダー”を引くと、「総菜用スープの一種、チャウダーはアメリカが起源でフランスの移民がアメリカで始めた料理」という記述あり。
また自館契約データベース「JapanKnowledgeLib」で”コーンチャウダー”を調べると、「アメリカ風のスープの一種。トウモロコシの実をたくさん入れたもの」と記述あり。
以上のように、調べた結果を伝え、資料を案内した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596 7版)
衣住食の習俗  (383 7版)
参考資料
(Reference materials)
『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典2』石毛直道 / 朝倉書店 / 2004 /(383.8/085/2) (AJ94318054)
『トウモロコシの科学』貝沼圭二,中久喜輝夫,大坪研一編 / 朝倉書店 / 2009 /(498.5/0705/18)P.91 (AJ97044732)
『アメリカ料理』デイル・ブラウン / タイムライフブックス / 1974 /(596/02/1)P.73 (AJ94071394)
『日本大百科全書15』小学館 / 1987 /(031/014/15)P.341 (AJ94061081)
キーワード
(Keywords)
コーンスープ
コーンチャウダー
起源
アメリカ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
『暮しの手帖 弟3世紀』(05/11)49巻 1994.4 P.84.88
コーンチャウダーの作り方レシピあり。ロイヤルホテルの家庭料理
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
開放講座 図書館
登録番号
(Registration number)
1000191286解決/未解決
(Resolved / Unresolved)