このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000191046
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001014470
事例作成日
(Creation date)
2016/02/18登録日時
(Registration date)
2016年04月13日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年04月13日 00時30分
質問
(Question)
うわさをテーマに書かれた本を探しています。
小説や児童書以外で、社会学的的な側面から書かれた本を紹介してください。
回答
(Answer)
当館蔵書から、うわさについて社会学的な側面から書かれた本をご紹介します。
しかし、「うわさ」について社会学から論じた図書は多岐にわたるため、社会学に分類されている出版年月の新しい図書の中から、視点が異なる3冊をご紹介します。

「うわさ」「噂」「ウワサ」を検索するためキーワード「全項目: うわさ」と、「全項目: でま」を使いました。
また、これらのキーワードと当館の分類番号NDC8版の「社会学 36*」とをAND検索しました。

1.『うわさとデマ: 口コミの科学』(ニコラス・ディフォンツォ/著 講談社 2011.6)【361.45/691N】 貸出可
内容紹介: なぜ災害時には大量のデマが飛び交うのか? 噂という社会的なプロセスに伴う個人と集団の心理と、“集団の知恵”や“理解する”という人間特有の行為について探る。

※【361.45(コミュニケーション、マスコミュニケーション、マスメディア)】

2.『防災の心理学(シリーズ・防災を考える:2)』(仁平義明/編 東信堂  2009.3)【369.3/334N】 貸出可
内容紹介: 災害に対する正確なメンタル・モデルの形成と対処への適切な知識や備えとともに、住民と行政・組織・専門家間の信頼感の構築こそ不可欠なことを災害の実例を通じて説き、「防災教育コンソーシアム」の設立を提唱する。
内容細目: 4 災害とうわさ特に地震の場合(サトウタツヤ/著)があります。

※【369.3(災害、災害救助)】

3.『噂の拡がり方: ネットワーク科学で世界を読み解く(DOJIN選書)』(林幸雄/著 化学同人 2007.7)【361.3/129N】貸出可
内容紹介: 噂話や都市伝説は、なぜ急速に拡大するのか? 小さな世界(スモールワールド)、金持ちはより金持ちになる法則、ロングテール…。現代社会を読み解くネットワーク最前線。

※【361.3(社会関係、社会過程)】

[事例作成日: 2016年2月18日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会学  (361 8版)
参考資料
(Reference materials)
うわさとデマ ニコラス・ディフォンツォ∥著 講談社 2011.6
防災の心理学 仁平/義明∥編 東信堂 2009.3
噂の拡がり方 林/幸雄∥著 化学同人 2007.7
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000191046解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!