このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000190954
提供館
(Library)
新宿区立中央図書館 (2310046)管理番号
(Control number)
新宿区立四谷図書館-005
事例作成日
(Creation date)
2016年3月31日登録日時
(Registration date)
2016年04月10日 19時55分更新日時
(Last update)
2016年08月19日 14時41分
質問
(Question)
「書譜」(中国の字の形)の字体が載っている本はないか。
回答
(Answer)
『字典書譜』 東京美術 1980年
『四字熟語で書く中國名碑名帖選 第12巻(草書1);十七帖・書譜』 角川学芸出版 2006年
『孫過庭書譜-拡大本』 天来書院 2014年
『墨 2014年3・4月号』 芸術新聞社 2014年
『墨 2014年5・6月号』 芸術新聞社 2014年

調査過程で四谷図書館ですぐに提供できる図書がなかったため、書道の雑誌『墨』に載っていないか検索。2014年3・4月号、5・6月号がヒット。3・4月号P100、5・6月号P58”孫過庭「書譜」を書く”、P116に”書家の目<中>「書譜」”など特集あり。字も大きく、見やすいのでこちらもご案内。
回答プロセス
(Answering process)
書写の教科書のように字がたくさんあり、参考になるものを探す。
[wikipedia]より、”「書譜」とは王義之の『十七帖』とともに草書の代表的な古典である。書家・孫過庭(垂拱3(687)年)による作品。王の書法を継承し、さらに発展させた。書論としての内容の見識の高さにより『書譜』は重要とされている。『書譜』は「書譜巻上」とあって最後の行に「垂拱三年写記」とあり、全文369行で3727文字ある。「巻下」という標題はないため、学者の間で論議をよんでいる。”とある。

図書館システム検索、件名<書譜>で検索。9件ヒット。
[amazon.co.jp]<書譜>で検索。『臨書を楽しむ 7』、『書道技法講座』がヒット。図書館システムで検索するも、区内所蔵なし。
[都立統合検索]で検索、他区あり。
[google]<書譜>で検索。[YouTube]で臨書(手本を見て書くこと)の動画あり。そのほか個人サイトで紹介していた『中国法書選 38 書譜』を図書館システムで探すも区内所蔵なし、他区あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
書.書道  (728 9版)
参考資料
(Reference materials)
墨 2014年3・4月号(No.227) 芸術新聞社 2014年
墨 2014年5・6月号(No.228) 芸術新聞社 2014年
飯島太千雄 編 , 飯島, 太千雄, 1942-. 字典書譜. 東京美術, 1980.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001442856-00
劉洪友 監修・執筆 , 劉, 洪友. 十七帖・書譜. 角川学芸出版, 2006. (四字熟語で書く中国名碑名帖選 ; 第12巻(草書 1))
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008255272-00 , ISBN 4046210524
孫過庭 [書] , 高橋蒼石 編著 , 孫, 過庭, 唐代 , 高橋, 蒼石, 1946-. 孫過庭書譜 : 拡大本. 天来書院, 2014.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025522509-00 , ISBN 9784887152779
キーワード
(Keywords)
書譜
孫過庭
書論
臨書
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 文献紹介 事実調査 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000190954解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!