このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000190643
提供館
(Library)
立命館大学図書館 (3310012)管理番号
(Control number)
Z15-002
事例作成日
(Creation date)
2015年10月08日登録日時
(Registration date)
2016年04月01日 16時14分更新日時
(Last update)
2016年06月20日 10時12分
質問
(Question)
「平成3年2月12日富山地裁(平成2年(わ)第166号)」の判例全文が読みたい。
当該判例は控訴審「平成3年7月18日名古屋高裁(平成3年(う)第18号)」の第一審に当たる。
回答
(Answer)
判例全文掲載資料は見当たらなかった。『判例評論』402号掲載の要約を紹介。
回答プロセス
(Answering process)
【調査概要】
データベース、Web、冊子体での収録有無を調査。

【回答プロセス】
(1)本学契約データベース「LEX/DB Internet」「D1-Law.com(第一法規法情報総合データベース)」で控訴審はヒットするが、お探しの判例書誌はなし。

(2)裁判所HPの裁判例情報「統合検索」で検索するもヒットせず。「下級裁判所判例集」の収録対象は平成14年3月以降の判決のため該当せず。

(3)『リーガル・リサーチ』によると、下級裁判所判例集として『刑事裁判月報』(最高裁判所事務総局)が紹介されているが、昭和61年をもって休刊のため収録対象外。

(4)Googleで事件番号やキーワード「地方裁判所 判例」「平成2年(および平成3年) 富山地裁」「下級審 判例」などで検索してみるも判例は見つからず。

(5)「LEX/DB Internet」「D1-Law.com」ともに控訴審の判例評釈として掲載されている資料のうち『判例評論』402号に第一審判決の要約を発見。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
裁判所HP「裁判例情報」 ( http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/search1  (最終確認2016.3.29))
『リーガル・リサーチ』日本評論社,第4版,2012
前田雅英「事後強盗罪と傷害罪の罪数関係」『判例評論』日本評論社,402号,1992(『判例時報』1421号別冊)
キーワード
(Keywords)
第一審
原審
下級裁判所判例集
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
大学院生 学生
登録番号
(Registration number)
1000190643解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!