このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000190521
提供館
(Library)
東京都公文書館 (5000001)管理番号
(Control number)
東京都公文書館2015-001
事例作成日
(Creation date)
2016年03月31日登録日時
(Registration date)
2016年03月31日 14時51分更新日時
(Last update)
2016年03月31日 15時33分
質問
(Question)
東京市がワシントンへ桜を贈ったことと、ワシントンからハナミズキを返礼にもらった話について知りたい。
回答
(Answer)
 ワシントンへの桜樹寄贈は、親日家外国人の働きかけがきっかけとなりました。

 明治37年(1904年)春、日本の「桜の会」の外国人会員であったデービット・フェアチャイルド博士は、合衆国農務省のチャールス・L・マーラットの庭で観桜のお茶の会を開きます。ここには熱心な親日家である旅行家のエリイザ・R・シドモアも招待されていました。シドモアは明治初年に来日したことがあり、その際に日本の桜に感銘を受けていました。

 この観桜会の2年後、1906年にフェアチャイルド博士はワシントン郊外のメリーランド州において、日本から桜を取り寄せ栽培を試み、米国でも栽培が可能であることを証明します。

 一方シドモアは、明治42年(1909年)4月、ワシントン市のポトマック河畔に公園造成計画をすすめていたタフト大統領夫人に対し、新しい公園には日本の桜を植えるよう意見を具申しました。それを受けたニューヨーク駐在総領事水野幸吉は、明治42年6月2日、外務大臣小村寿太郎に「華盛頓ヘ桜樹寄贈ノ件」として、ワシントンに日本の桜を植える計画があるので、東京市長の名でワシントン市へ桜の寄贈をしてはどうかと打診します。

 そして明治42年(1909年)7月2日東京市長尾崎行雄宛てに、石井菊次郎外務次官から『華盛頓ヘ桜樹寄贈ノ件』としてワシントンの桜植樹の経緯について説明したうえで、東京市長名で桜の寄贈の依頼を行いました。

 同年8月26日「華盛頓市へ桜樹寄贈ノ件」が市長名で正式に外務次官に通達され、寄贈の決定に至ります。

 同年11月24日、2000本の桜を積んだ郵船加賀丸は横浜を出港、12月10日にシアトルに入港します。しかし、桜樹検査の結果、カイガラムシやスカシバなど、米国には未存在の病虫害に侵されていることがわかり、全て焼却処分することになりました。

 明治43年(1910年)4月14日、東京市はワシントンへの桜再寄贈の提案をし、4月21日市参事会で可決します。農事試験場で手厚い栽培を行い、病害虫のない桜苗木3,000本を1912年(明治45年)再びワシントンへ送付します。12月14日に日本郵船阿波丸は横浜を出港、翌年3月13日に日米両国待望の桜樹はワシントンに到着しました。丹精込めて栽培した桜樹を無事に届けることができました。

 ワシントンに桜が植えられて4年後の大正4年(1915)5月。合衆国農商務省スウィングル博士が米政府の使者として東京市へやってきます。ワシントンの桜の生育状況の報告と、感謝の意を表するのが目的でした。
 この時、博士は、北アメリカ産の国家的、国民的花木であるハナミズキを返礼として持参し、東京市へ寄贈、日比谷公園等に植樹されました。

 なお、ワシントンの第一回桜まつりは昭和2年(1927年)4月16日に開催され、現在も季節になると桜祭りが開催されています。
回答プロセス
(Answering process)
当館によくある質問は、現在、2冊の刊行物にまとめています。
(1)『都史紀要39 レファレンスの杜―江戸東京歴史問答』(東京都公文書館、平成15年)
  『都史紀要40 続レファレンスの杜―江戸東京歴史問答その二』(東京都公文書館、平成20年)

今回の質問・回答は、『都史紀要39』169~178ページに掲載があります。その中に参考文献として、2冊の東京都庁内刊行物と、1冊の尾崎行雄関係の書籍があげられています。次の3冊です。

(2)『東京都寄贈 ワシントン市ポトマック公園の桜』(東京都建設局公園緑地部、昭和25年)
(3)『合衆国首府 ワシントンの桜』(東京都建設局公園緑地部、昭和35年)
(4)『尾崎咢堂全集』第11巻(1962年、尾崎咢堂全集刊行会)

東京都公文書館所蔵資料では、当館ホームページにある情報検索システムにより検索することができます。
ワシントンへの桜受贈については次の1点があります。「華盛頓」で検索したところ見つかりました。
(5)『華盛頓市ヘ桜樹寄贈ノ件』市会記録等 327.D3.08

ワシントンからのハナミズキの寄贈については、次の2点の資料が見つかりました。
(6)「寄附受領に関する件」『参事会 6冊の2』301.F4.07
 大正4年4月13日に参議会で議決している文書及び、日比谷公園での植樹予定地の地図があります。現在ある場所とは違う場所です。
 この件名と簿冊は情報検索システムから検索は困難なため、ワシントンから返礼のあった年の寄付受領から検討をつけて「寄附受領」「大正4年」を検索のキーワードで探しました。簿冊を調べたところ、同簿冊の綴込68に「テイ、スウヰングル」の名前がありました。
(7)「(昨年米国政府寄贈)亜米利加花水木苗木現況」『雑 全1冊』302.E6.03
 植樹をして1年後の成長した記録と、ハナミズキの花と実のイラストがあります。
 この件名は、ハナミズキを漢字で「花水木」とし検索したところ見つかりました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
東京都公文書館 編 , 東京都公文書館. レファレンスの杜 : 江戸東京歴史問答. 東京都公文書館, 2003. (都史紀要 ; 39)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004081290-00
『東京都寄贈 ワシントン市ポトマック公園の桜』(東京都建設局公園緑地部、昭和25年)
東京都建設局 , 東京都建設局公園緑地部 編. ワシントンの桜 : 合衆国首府. 東京都, 1960.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001381773-00
尾崎行雄 著 , 尾崎咢堂全集編纂委員会 編 , 尾崎, 行雄, 1858-1954. 尾崎咢堂全集 第11巻. 公論社, 1955.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000895435-00
『華盛頓府へ桜樹寄贈・全1冊』(明治42年~大正3年)327.D3.08
http://www.archives.metro.tokyo.jp/detail.do?smode=1&tsNo=1&id=44807&lbc=-1
「寄附受領に関する件」『参事会 6冊の2』(大正4年)301.F4.07
http://www.archives.metro.tokyo.jp/detail.do?smode=2&id=1302533&lbc=-2
大正5年「(昨年米国政府寄贈)亜米利加花水木苗木現況」『雑 全1冊』302.E6.03
http://www.archives.metro.tokyo.jp/detail.do?smode=1&tsNo=1&id=1334863&lbc=-1
キーワード
(Keywords)
サクラ
ソメイヨシノ
花水木
ハナミズキ
ウッドストック
尾崎行雄
東京市
ワシントン
ポトマック
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000190521解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!