このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000190491
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 15-0046
事例作成日
(Creation date)
2015/08/22登録日時
(Registration date)
2016年03月31日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年03月31日 00時30分
質問
(Question)
①能面「喝食(かっしき)」「慈童(じどう)」が写真等で紹介されている資料
②俵屋宗達の水墨画で、子犬が戯れているもの(作品名不明)が見たい。

①、②とも、川端康成の小説「山の音」に出てくる。
回答
(Answer)
①については、「能面の世界」48ページに「喝食」の写真と簡単な解説、61ページに「慈童」の写真と簡単な解説があり。
面を打つ作者によって表情等が違うようなので、何冊か見比べた方がよいかもしれない。
「能のデザイン図典」54~55頁に「喝食」「慈童」の写真あり。

②当館所蔵「川端康成全集 第12巻」収録の「山の音」で確認。以下の文。
「「はてな?」と信吾は思った。この子犬の格好は今初めて見る感じだが、前にそっくり同じ格好を見たと感じた。信吾はしばらく考えた。
「さうか。宗達の絵だ」とつぶやいた。
「ふうん。えらいもんだ」
信吾は宗達の子犬の水墨を写真版でちょっと見ただけで、模様化した玩具のような子犬だと思ったものだが、それが生きた写実だったかと気づいて驚いた。」(336~337頁)

検索エンジンで「川端康成」「俵屋宗達」「山の音」をキーワードに調べたところ、俵屋宗達の「狗子図」が「山の音」に出てきた水墨画であるという記述があり。
CiNiiで「川端康成」「山の音」をキーワードに調べたところ、「川端康成と琳派--『山の音』とそのエスキ-スの背景をめぐって」という論文が見つかった。(宗達は琳派)当館で掲載雑誌を所蔵していたため内容を確認したところ、子犬を見て宗達の水墨画を連想するシーンの説明があり、「一月後に発表された「花は眠らない(昭和25.5)には、この子犬の姿から宗達の水墨画を思い出し、その「生きた写実」に気づくという体験が、川端自身の体験として事実そのままに書き留められている」とあり。この論文では、水墨画は「犬図」という名前で紹介されている。
宗達は犬の水墨画をいくつか残しているらしく、検索エンジンの画像検索で「俵屋宗達」「犬図」で検索すると「狗子図」以外にも「犬図」と呼ばれているものがあることがわかった。
水墨画関係の資料を見たところ、俵屋宗達の「狗子図」は見つかったが「犬図」として紹介されているものは確認できなかった。
資料を調査しているときに「別冊太陽 川端康成」38ページに宗達の「狗子図」が「花は眠らない」「山の音」に登場した作品であると紹介されている文章を発見した。
「狗子図」もカラーで大きく紹介されている。
他に「狗子図」が紹介されているものとして、「もっと知りたい俵屋宗達」(47頁に掲載)、「江戸の動物画」(306ページに掲載)、「日本美術全集 13」(図15)が当館所蔵資料からみつかった。

*2015年7月20日日本経済新聞に、「犬十選 (8)俵屋宗達「犬図」 歌人 水原紫苑 」が掲載されており、これに俵屋宗達の「犬図」(「狗子図」ではなく)の写真が掲載されている。
*検索エンジンで「山の音」「能面」をキーワードに検索すると、「川端康成『山の音』と能」という論文がヒットする。能面の図版などはないようだが、「山の音」と能のかかわりについて論じられたものであるらしい。創価大学の学術機関リポジトリにPDFが掲載されており、全文を読むことができる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
能楽.狂言  (773 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 能面の世界 西野/春雄?監修 見市/泰男?解説 平凡社 2012.9 773.4/NO

2 能のデザイン図典 中森 晶三∥監修・文 岩田 アキラ∥写真 東方出版 1995.11 773/NO

3 川端康成 羽鳥/徹哉?監修 平凡社 2009.2 910.268/KA

4 もっと知りたい俵屋宗達 村重/寧?著 東京美術 2008.9 721.5/TA

5 江戸の動物画 今橋/理子?著 東京大学出版会 2004.12 721.025/E

6 日本美術全集 13 宗達・光琳と桂離宮 辻/惟雄?編集委員 泉/武夫?編集委員 小学館 2013.4 708.7/NI/13

7 國語と國文學 第73巻第12号通巻876号 東京大学国語国文学会 至文堂 1924- Z301 p39~52に「川端康成と琳派」掲載

1 川端康成全集 第12巻 小説 新潮社 1980.2 918.6/KA/12
キーワード
(Keywords)
能面
 川端康成
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000190491解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!