このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000190483
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 15-0044
事例作成日
(Creation date)
2015/07/26登録日時
(Registration date)
2016年03月31日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年03月31日 00時30分
質問
(Question)
NHK連続TV小説「まれ」に登場した「陶胎漆器」は実在するのか。実在するなら、それについて書かれている本が見たい(簡単なものでよい)。
回答
(Answer)
実在する漆器であり、その起源は縄文時代にまで遡ることが『漆の文化史』(岩波新書 四柳嘉章著 2009年 40頁)で述べられている。
また、『うるし工芸辞典』(光芸出版 1978)には「陶胎」の項があり、「陶磁器を漆器の素地にしたもの。(中略)木質素地では不可能な複雑な造形が自由に行える」とあります。その反面、木胎に比べて壊れやすく重すぎるなどの欠点があり、その後の釉薬の発達により「陶胎」の技法は廃れていったことが考えられます。なお、同項には「江戸末期に大喜豊助が考案した豊助楽が陶胎漆器として知られる」とも記述されている。

「陶胎漆器」をトピックとする資料は確認できなかったが、豊助楽(豊助焼ともいう)については愛知県陶磁美術館のHP中で紹介されているものが、わかりやすいかと思われる。(学芸員のページ>コラム>窯場今昔100選 9豊楽焼)アドレスは、下記のとおり。
http://www.pref.aichi.jp/touji/education/column_kama09.html  (最終確認 2016年3月13日)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
漆工芸  (752 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 漆の文化史 四柳/嘉章?著 岩波書店 2009.12 S752.2/U 40P

2 うるし工芸辞典 光芸出版編集部∥編 光芸出版 1978.5 752/U 119P

3 陶芸事典 室伏 哲郎∥著 日本美術出版 1991.12 751.03/TO

4 伝統工芸館事典 日外アソシエーツ編集部?編 日外アソシエーツ 2003.12 750.3/D

5 漆芸事典 光芸出版?編 光芸出版 2004.1 752/SH

6 漆よもやま話 山岸/寿治?著 雄山閣出版 1996.6 752/U

7 漆芸品の鑑賞基礎知識 小松/大秀?著 加藤/寛?著 至文堂 1997.12 752/SH

8 現代陶工事典 北辰堂編集部?編 北辰堂(発売) 1998.1 751.1/G

9 日本の漆芸 1 蒔絵 中央公論社 1978.6 752/NI/1

10 日本の漆芸 2 蒔絵 中央公論社 1978.8 752/NI/2

11 日本の漆芸 3 蒔絵 中央公論社 1978.10 752/NI/3

12 日本の漆芸 4 蒔絵 中央公論社 1978.12 752/NI/4

13 日本の漆芸 5 根来・漆絵 中央公論社 1979.4 752/NI/5

14 日本の漆芸 6 螺鈿・鎌倉彫・沈金 中央公論社 1979.2 752/NI/6
キーワード
(Keywords)
陶胎
 漆器
 豊助楽
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000190483解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決