このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000190393
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
北方 15-0085
事例作成日
(Creation date)
2015/07/01登録日時
(Registration date)
2016年03月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年03月30日 00時30分
質問
(Question)
北海道における、明治から昭和中頃あたりまでの、ヒグマの狩猟数を知りたい。
基本的にはだんだんと減少していったものの、昭和初期あたりには比較的熊猟がさかんであったと考えている。それについての客観的なデータはあるか。

●その質問の出典や情報源、調査済み事項など
『近代北海道とアイヌ民族』(山田伸一著 北海道大学出版会 2011)では、ある程度の客観的データを示しているが、「有害鳥獣獲殺手当」を基にしているため明治21年までのデータしかない。
回答
(Answer)
ある程度まとまった期間の捕獲数統計あり。

『エゾヒグマ百科』(回答資料1)
 p151-159:「捕獲数と月別の捕獲比」
 p154-159:明治6年~昭和56年の年度別捕獲数

『北海道の猟政』(回答資料2)
 p65:大正12~昭和42年の年度別捕獲数

『鳥獣保護事業統計資料』(回答資料3)
 p48:昭和30~48年の年度別捕獲数

次のサイトにも捕獲数統計あり。

・「ヒグマの繁殖について」(芳賀良一)
 帯広畜産大学学術研究報告. 第I部 5(1) p37-44, 1967.3
  http://ci.nii.ac.jp/els/110006453074.pdf?id=ART0008466584&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1435659826&cp=
  p41:ヒグマの捕獲統計(大正12~昭和40年)

これら統計の出典は、『開拓使事業報告』『北海道庁統計書』『北海道庁勧業年報』等。
当館でも所蔵しており、掲載例として一部を紹介。

『開拓使事業報告』 第3編 物産(回答資料4)
 p50,73,131,195,210 各地の「陸産表」の統計に熊皮あり

『北海道庁統計書』 第20回 第2巻 勧業之部(回答資料5)
 p294-296:「林業」に「野獣皮(明治41年)」の数量と価額あり。熊あり。

『北海道庁統計書』 第21回 第2巻 勧業之部(回答資料6)
 p250-251:「林業」に「野獣皮(明治42年)」の数量と価額あり。明治37~41年も掲載

『狩猟統計』 昭和29・30狩猟年度(回答資料7)

『ヒグマ』(回答資料8)
 p369-370:年度別ヒグマ捕獲頭数(明治6~平成3年)

『鳥獣行政のあゆみ』(回答資料9)
 p484:狩猟者による狩猟獣類の捕獲数(クマ)(昭和2~42年 5年ごと) 


・ヒグマの保護管理(北海道環境局生物多様性保全課)
  http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/yasei/yasei/higuma.htm (最終確認2015/7/1)
  ※「ヒグマの捕獲数及び被害状況(PDF)(平成27年2月16日現在)」<昭和30年~平成26年>


他、関連として『ヒグマが育てる森』(回答資料10)及び次の関連サイトを紹介。

・狩猟統計 昭和5年度 農林省畜産局 1933
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001718627-00  (最終確認2015/7/1)
 ※国立国会図書館デジタルコレクションへリンク

・国立国会図書館サーチ  http://iss.ndl.go.jp/ (最終確認2015/7/1)
  「デジタル資料」を選択し、「狩猟統計」で検索すると、昭和5年度版以外もヒットし、デジタル画像を見られる。
回答プロセス
(Answering process)
次の資料も参照。

(1)「北海道の鹿とその興亡」『北方文化研究報告4』(北海道大学北方文化研究室編 思文閣出版 1987.12)
※復刻版 7?8輯(昭和27?28年)

(2)近代北海道とアイヌ民族 山田/伸一?著 北海道大学出版会  2011.5 (請求記号:ア.31/KI)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
狩猟  (659 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 エゾヒグマ百科 木村盛武∥著 共同文化社 1983.7 489.57/KI/イ p151-159:「捕獲数と月別の捕獲比」 p154-159:明治6年~昭和56年の年度別捕獲数

2 北海道の猟政 北海道林務部∥編 北海道林務部 1969 659.7/HO p65:大正12~昭和42年の年度別捕獲数

3 鳥獣保護事業統計資料 北海道生活環境部自然保護課∥編 北海道生活環境部自然保護課 1975 659.7/HO p48:昭和30~48年の年度別捕獲数

4 開拓使事業報告 第3編 物産 大蔵省∥[編] 北海道出版企画センタ- 1983.4 317/O/3 p50,73,131,195,210 各地の「陸産表」の統計に熊皮あり

5 北海道庁統計書 第20回 第2巻 勧業之部 北海道∥編 北海道 1910 351/HO/20-2 p294-296:「林業」に「野獣皮(明治41年)」の数量と価額あり。熊あり。

6 北海道庁統計書 第21回 第2巻 勧業之部 北海道∥編 北海道 1911 351/HO/21-2 p250-251:「林業」に「野獣皮(明治42年)」の数量と価額あり。明治37~41年も掲載

7 狩猟統計 昭和29・30狩猟年度 林野庁∥編 林野庁 1959.3 659/SH/S29-30

8 ヒグマが育てる森 前田 菜穂子∥著 岩波書店 2005.12 489.57/HI p67-84:「クマ絶滅の近代史」

9 ヒグマ 門崎 允昭∥著 犬飼 哲夫∥著 北海道新聞社 2000.11 489.57/I p369-370:年度別ヒグマ捕獲頭数(明治6~平成3年)

10 鳥獣行政のあゆみ 林野庁∥編 林野弘済会 1969 659.7/R p484:狩猟者による狩猟獣類の捕獲数(クマ)(昭和2~42年 5年ごと)
キーワード
(Keywords)
ヒグマ
捕獲
狩猟
統計
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000190393解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!