このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000190015
提供館
(Library)
金沢市図書館 (2310230)管理番号
(Control number)
玉川-000041
事例作成日
(Creation date)
2012/3/6登録日時
(Registration date)
2016年03月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年08月03日 00時30分
質問
(Question)
【内灘の津波について】  『金沢の風習』井上雪 “智覚寺の虫干し”p.161に、1660年(万治3年)に内灘で津波被害があったと書かれている。
被害の全容と地形が知りたい。
回答
(Answer)
・『石川県災異誌 1961』万治2~3年に津波の記載なし(洪水はあり)。

・『加賀藩史料 第3編』万治2~3年に津波の記載なし。 

・『内灘町史』(11910053)
p.125「智覚寺過去帳」昭和22頃(智覚寺所蔵)によると 
「万治二年ノ年ニ大津浪ノ為ニ堂宇残ラズサラハレテ」
「ソノ後 正徳五年ノ年ニ(今カラシテ二百三十三年前)只今ノ処ニ移転ガ出来サセラレタノデアル」とあり。

・『加越能寺社由来』
p.548 智覚寺の項目より、貞享2年(1685年)に「本根布村ニ今以居住仕」とあり。

・『角川日本地名大辞典 17 石川県』
p.892 「本根布村」の項目に海岸の漸次沈降について説明あり。

・『改作所旧記 下編』
p.131 智覚寺の項目より 移転理由に津浪の記載なし。

・『内灘郷土史』
p.318「智覚寺御縁起」の全文掲載あり。

・『金沢古蹟志 第11編』巻28 p.56「正徳五年浅野川洪水に流失」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000190015解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決