このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000189954
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M16021215577425
事例作成日
(Creation date)
2016/2/10登録日時
(Registration date)
2016年03月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
篆刻での側款の刻し方を知りたい。手順や決まり、写真の含まれる資料があれば、教えてほしい。
回答
(Answer)
側款については、以下の資料に手順や写真の記載がある。

『落款の疑問100』には、印面に対しどこに刻るのか、何を刻るのかの記載がある。また運刀法や書体だけでなく、事前の準備についても写真が載っている。拓をとるための道具や手順についても説明がある。

『方寸の世界に遊ぶはじめての篆刻入門』には、側款の説明として、名前や制作日、また、依頼人、贈る人などを印材の側面(前面に記すこともある)に刻るとある。側款拓のとり方については、4ページにわたりそれぞれの手順に写真もつけて説明している。

『篆刻入門実例500』には「側款を刻す」として手順を4段階にわけた説明の記載がある。

『篆刻の疑問100』によると、側款を入れるのは側面や上部となっており、「上部に刻したものは頂款という」「側款のほかに、返款・印款とも呼ばれることがあります」との記載がある。「誰かに贈る場合や依頼印には、側款を刻すのが一般的」ともある。
刻す言葉や側款の刻し方についての説明と写真の記載もある。

『墨』の特集では「側款にチャレンジ!」として、書式例、運刀法、書体、事前の準備についても写真の記載がある。印との違いの説明もある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
印章.篆刻.印譜  (739 9版)
参考資料
(Reference materials)
『墨』編集部 編『落款の疑問100』 芸術新聞社,2014,173p. 参照はp.162-173.
真鍋井蛙 監修『方寸の世界に遊ぶはじめての篆刻入門』京都 淡交社,2006,111p. 参照はp.44-49.
遠藤彊『篆刻入門実例500』 天来書院,2008,143p. 参照はp.50-51.
關正人 監修『篆刻の疑問100』 芸術新聞社,2005,174p. 参照はp.77-80.

「側款にチャレンジ!」『墨』第32巻 第6号,2007年12月1日,p.28-31.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2016021215564077425
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000189954解決/未解決
(Resolved / Unresolved)