このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000189951
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M16021011477422
事例作成日
(Creation date)
2016/02/10登録日時
(Registration date)
2016年03月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
カラオケボックスの発祥は岡山県、というのは本当か。
回答
(Answer)
①『岡山の法則』には、「カラオケボックスは岡山が発祥」として、広い敷地にコンテナのボックスが置かれ、その中を少し改装して機器を置いただけのもの、との説明がある。

②『岡山共和国のオキテ100カ条』には、最初のカラオケボックスと呼べるものは1985年に登場、第1号店は廃車になった貨物列車やトラックのコンテナを改造したもので「イエローBOXカラオケ広場」という名称で営業し、現在も営業中と記載がある。

③『カラオケ秘史』には、「カラオケボックスの始まりがいつかて? はっきり覚えとるよ。昭和六十年(一九八五年)の五月九日やね。」と現在もカラオケボックスの経営を続けている岡山市の経営者・佐藤洋一氏のコメント、現在も経営している第1号カラオケボックスの写真等を紹介している。

④『カラオケ進化論』では、資料③と同じ経営者を紹介しているが、当時の料金体系等の説明とともに、「これが1986年に誕生したカラオケボックス第1号である」と、写真等の紹介がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
商業経営.商店  (673 9版)
参考資料
(Reference materials)
①岡山の法則研究委員会/編『岡山の法則』 泰文堂,2014,175p. 参照はp.126.
②相田翔吾/監修『岡山共和国のオキテ100カ条』 メイツ出版,2015,176p. 参照はp.142-143.
③烏賀陽弘道/著『カラオケ秘史』 新潮社,2008,205p. 参照はp.72-107.
④前川洋一郎/著『カラオケ進化論』 廣済堂あかつき株式会社出版事業部,2009,263p. 参照はp.99-101.
キーワード
(Keywords)
カラオケボックス
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2016021011452777422
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000189951解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!