このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000189944
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M16020414077413
事例作成日
(Creation date)
2016/2/4登録日時
(Registration date)
2016年03月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
サンドイッチの一種で「カスクルート」(カスクート)というものがあるそうだが、どのようなものか、知りたい。また作り方の参考になる資料もあれば見たい。
回答
(Answer)
『サンドイッチの発想と組み立て』によると、「casse-cro?te」カスクルート(カスクート)は、日本ではバゲットにハム、チーズをはさんだサンドイッチのこととして知られるが、本来この言葉はフランス語で軽食、またはサンドイッチの総称であると書かれている。「casser(カセ)とは“割る”こと、cro?te(クルート)は“パンの皮”のこと」とあり、パンを割って、チーズや豚肉加工品を合わせた軽食を合わせた軽食を指すフランス語とされたとある。
『サンドイッチ・調理パンの技術教本』では「カスクルート」という項目に「もともとは軽食を意味するフランス語ですが、一般にはフランスパン全般を使ったサンドイッチをカスクルートと呼びます。生ハム、チーズ、野菜、パテなどをバゲットに挟むのが定番。」との説明があり、ルクセンブルグ風やマサダ風のカスクルートなどが紹介されていた。

また、『サンドイッチ176』ではイワシのハーブ焼きのカスクルート、『世界のパンアレンジブック』では「海老とブロのブロッコリーのカスクート」や「スモークチキン、アボカドとクランベリーのカスクート」「アスパラガスとスクランブルエッグのカスクート」など様々なタイプのカスクルートが紹介されていた。

さらに、人気のベーカリーなどで販売されているカスクルートやその調理法が紹介されている本として、『ザ・サンドイッチ・レシピ』、『評判ベーカリーの最新人気サンドイッチ』、『評判ベーカリーの最新人気サンドイッチ』、『アイデア・サンドイッチ』、『人気のサンドイッチパン料理』『サンドイッチレシピBOOK』があり、カンパーニュなどバゲット以外のパンを使ったカスクルートなども紹介されていた。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596 9版)
参考資料
(Reference materials)
①ナガタユイ『サンドイッチの発想と組み立て』誠文堂新光社,2012,239p.参照はp.44-49.
②竹野豊子『サンドイッチ・調理パンの技術教本』旭屋出版,2000,144p.参照はp.70-75.
③『サンドイッチ176』旭屋出版,2009,144p.参照はp.70. 
④鈴木理恵子『世界のパンアレンジブック』誠文堂新光社,2013,143p.参照はp.18.
⑤『ザ・サンドイッチ・レシピ』世界文化社,2015,127p.参照はp.80.
⑥『評判ベーカリーの最新人気サンドイッチ』旭屋出版,2007,109p.参照はp.14,16,61,84.
⑦『アイデア・サンドイッチ』柴田書店,2011,159p.参照はp.20,32,39.
⑧誠文堂新光社『サンドイッチバリエーションブック』誠文堂新光社,2011,215 p.参照はp.107-108.
⑨『人気のサンドイッチパン料理』旭屋出版,2000,128p.参照はp.7,29,47.
⑩『サンドイッチレシピBOOK』宝島社,2014,79p.参照はp.23.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2016020414052977413
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000189944解決/未解決
(Resolved / Unresolved)