このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000189941
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M16020413277410
事例作成日
(Creation date)
2016/2/3登録日時
(Registration date)
2016年03月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
和歌山県には、県の他の市町村と全く接してない飛び地の村があるそうだが、それはどこにあるのか。
また、どうしてそのような飛び地になったのかその理由が知りたい。
回答
(Answer)
①『日本列島飛び地の謎』によると、和歌山県の「北山村は、村が丸ごと飛び地になっている全国で唯一のケースで、県の飛び地としても全国一大きい」とある。

②『和歌山県道路地図 県別マップル30』で確認すると、北山村の広域地図が載っており、奈良県の十津川村と下北山村、三重県の熊野村に隣接しているが、所属の和歌山県には接していない。

北山村が飛び地になった理由としては、③~⑤の資料に記載がある。

③『日本歴史地名大系 第31巻 和歌山県の地名』には、「当地域は近世和歌山藩神宮領として、また北山川の筏流しなどにより、河口の新宮との結びつきが強かった」ため飛び地のまま和歌山県となったとある。

④『和歌山県史 近現代1』には、「現在残っている史料から、直接的に飛地発生の原因は求められない」としつつも、歴史的、経済的なつながりから和歌山県の飛び地とした説等を載せている。

⑤『和歌山「地理・歴史・地図」の謎:意外と知らない和歌山県の歴史を読み解く!』には、1871(明治4)年に行なわれた廃藩置県で、明治政府が新たに県境を定めた結果、北山村は奈良県と三重県にはさまれた飛び地となったとある。

以上様々な説がある中で、⑥北山村のホームページ「北山村観光サイト」によると、飛び地になった理由として、「北山村は人口の大半を筏師が占め、新宮木材業者と筏師は共存共栄、切っても切れない関係で成り立っていたのです。明治4年、廃藩置県が実施され、新宮が和歌山県に編入された際、地理的に言えば北山は奈良県に属するところを「新宮が和歌山県に入ったのならぜひ私たちも」との村民の意見を聞き入れ、和歌山県に編入。」と紹介している。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
①浅井建爾『日本列島飛び地の謎』平凡社,2008,207p.参照はp.10.
②『和歌山県道路地図 県別マップル30』旺文社,2011,72p.参照はp.53.
③『日本歴史地名大系 第31巻 和歌山県の地名』平凡社,1983,827p.参照はp.693.
④和歌山県史編さん委員会『和歌山県史 近現代1』和歌山県,1989,1028,10p.参照はp.35~37.
⑤寺西貞弘『和歌山「地理・歴史・地図」の謎:意外と知らない和歌山県の歴史を読み解く!』 実業之日本社,2015,191p.参照はp.19~21.
⑥和歌山県北山村「観光サイト」参照は「北山村ってどんなとこ?全国唯一の「飛び地」の村」 http://kankou.vill.kitayama.wakayama.jp/info/
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2016020413252577410
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000189941解決/未解決
(Resolved / Unresolved)