このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000189937
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M16013017377402
事例作成日
(Creation date)
2016/01/29登録日時
(Registration date)
2016年03月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
裁判で提出する陳述書の書き方についてわかりやすく書かれた本はないか。
回答
(Answer)
①『訴訟は本人で出来る』は一般向けにわかりやすく書かれた民事訴訟の手引書。第3章「訴訟の実際と手続き・進行編」には陳述書についても書かれており、書式が掲載されている。
②『民事訴訟書式体系』では、少額訴訟手続の書式実例で陳述書も載っている。
③『民事訴訟代理人の実務』では、陳述書について目的・機能、提出時期、陳述書の内容とともに、通数、分量、形式など手続き上のことについても詳しく解説している。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
司法.訴訟手続法  (327 9版)
参考資料
(Reference materials)
①石原豊昭〔ほか〕『訴訟は本人で出来る』 自由国民社,2015.3,325p. 参照はp.123-125.
②梶村太一 石田賢一『民事訴訟書式体系』 青林書院,2002.8,507p. 参照はp.388.
③東京弁護士会民事訴訟問題等特別委員会編『民事訴訟代理人の実務 3 証拠収集と立証』 青林書院,2012.10,30.524p. 参照はp.299-323.
キーワード
(Keywords)
民事訴訟
書式
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2016013017392777402
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000189937解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!