このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000189895
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M15120310277339
事例作成日
(Creation date)
2015/11/11登録日時
(Registration date)
2016年03月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
塩の作り方がわかる本を知りたい。
回答
(Answer)
①『塩のちから』は塩の誕生から、日本と世界、昔と現代の塩の作り方を比較しながらイラストで紹介している。また自分で塩を作る方法や塩と食生活、健康との関係を紹介。塩についての様々な情報が載っている。
②『塩の大研究』は人にとってどれだけ塩が大切かを紹介しており、日本の塩づくりの歴史や現在の作り方も詳しく載っている。また塩を使った実験や工作も紹介している。
③『塩の絵本』は塩の歴史について触れ、自分で海水から塩を作るための方法を写真付で説明している。
④『塩  海からきた宝石』は科学のアルバムというシリーズの一冊で、塩についての事が写真や絵で紹介されている。作り方については、塩の結晶を作り出す実験の方法が写真と絵で紹介されており、日本の塩田での塩作りも詳しく載っている。
⑤『塩は元気のもと』は月刊たくさんのふしぎというシリーズの一冊で、塩についての情報を簡単に絵とともに紹介している。自分で塩を作る方法から日本の塩田での塩作りの方法までを簡略に説明している。
⑥『塩  白い宝石のふしぎ』は月刊はてなクラブのシリーズの一冊で、主に塩田や工場での塩作りの様子を写真付きで説明している。日本の塩の生産量と輸入量のグラフも載っている。
⑦『世界を動かした塩の物語』は塩をテーマに世界の歴史を描いた絵本で、作り方に関しては塩が発見された当時の塩作りの方法についての記載がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
製塩.塩業  (669 9版)
参考資料
(Reference materials)
①尾方 昇著『塩のちから』素朴社,2009.3,47p.参照はp.20-29
②塩事業センター監修『塩の大研究』PHP研究所,2008.7,79p.参照はp.26-29
③たかなし ひろき編『塩の絵本』農山漁村文化協会,2006.6,36p.参照はp.16-25
④片平 孝『塩  海からきた宝石』あかね書房,2005.4,60p.
⑤中西 敏夫『塩は元気のもと』福音館書店,1998.12,39p.
⑥片平 孝『塩  白い宝石のふしぎ』朝日新聞社,1995,40p.
⑦マーク・カーランスキー『世界を動かした塩の物語』BL出版,2008.9,47p.参照はp.8-11
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2015120310242877339
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
中学生, 小学生(高学年), 小学生(低学年以下)
登録番号
(Registration number)
1000189895解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!