このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000189797
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢新所-2015-012
事例作成日
(Creation date)
2013/09/16登録日時
(Registration date)
2016年03月26日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年03月29日 14時01分
質問
(Question)
日光東照宮の神厩舎(しんきゅうしゃ)について知りたい。(三猿のこと以外。資料の対象年齢は問わない。)
回答
(Answer)
日光東照宮の神厩舎に関して、以下の資料に記述があります。
 〇『日光東照宮の謎』 高藤晴俊/著 講談社 1996年
 〇『寺社建築の歴史図典』 前久夫/著 東京美術 2002年
 〇『郷土資料事典 9』 ゼンリン 1997年
 〇『徳川家と日光東照宮 』 日光東照宮/監修 宝島社 2015年
 〇 読売新聞 1941年9月27日 「故長久王の御愛馬 日光東照宮へ御寄進」
 〇 読売新聞 2005年5月31日 「ニュージーランドが日光東照宮へ白馬 24年ぶり3頭目」
 
また、以下のサイトに記載があります。
 〇「日光東照宮」ホームページ
 〇「わくわく「日光の社寺」たんけん」ホームページ
回答プロセス
(Answering process)
1、所蔵資料の内容確認
“東照宮”“神厩”“寺社建築”をキーワードに所蔵検索および書棚の確認。
 〇『日光東照宮の謎』 高藤晴俊/著 講談社 1996年
  p.187に神厩舎と三猿について「馬屋に猿の彫刻があるのは、古くより猿が馬の病気を治す、との信仰からである」「陰陽五行説によれば馬は火であり、猿が水であるところから、火を守る水、すなわち馬を守る猿という関係が成立したという」と記述あり。 
 〇『寺社建築の歴史図典』 前久夫/著 東京美術  2002年
  p.170に「神厩」について「神社に生きた馬や獣類などを奉納することは、天皇・公卿・武家などのあいだでは、古くから行われていた。これを幣馬獣進(へいばじゅうしん)といった。幣馬は境内に厩を建てて飼育され、神祇に用いられた。これを神馬(しんめ)と呼んだ。伊勢両神宮をはじめ各地の大社には、今日でも神厩があり神馬が飼育されている。三猿の彫刻で有名な日光東照宮の神厩は、寝殿造の馬屋形式を伝えている」と記述あり。 
 〇『郷土資料事典 9』 齋藤建夫/編 ゼンリン 1997年
 「神厩(うまや)」について以下の記述あり
  p.112「国指定重要文化財 桁行三間 梁間五間 一重 切妻造 妻入り 銅瓦葺き」
  p.115「東照宮内唯一の素木(しらき)造りの建物。この左右の長押(なげし)には、参道側に五面、右側に三面、計八面のそれぞれ違った構図による猿の彫刻が施されているが、うち左から二番目の三匹が、『三猿』としてよく知られている。目を押さえているもの、口を押さえているもの、耳をふさいでいるものが並んでいて『見ざる、言わざる、聞かざる』の意を伝えているといい、これが東照宮の根本理念だという。」 
 △『国史大辞典7』
  p.938に「神馬」について記述あり
  
2、インターネット検索
 〇「日光東照宮」ホームページ
  社殿の概要のページに神厩舎・三猿について簡単な説明の記載あり 
 〇「わくわく「日光の社寺」たんけん」ホームページ
 神厩(舎)のページに「神厩は神様にお仕えする神馬をつなぐための建物で、境内唯一の素木造りです。内部は二つに分かれ、前方に馬をつなぐ場所があり、石の間をおいて、後方が畳敷きの部屋になっています。神馬の勤務時間は、午前10時から、午後2時まで、雨や雪の日はお休み。神馬は雄の白馬が条件で、現在2頭が飼育されています。建物の西、北二側の長押には、猿の彫刻が八面施され、人の一生を物語に表しています。」と記載あり。 
 △「牛の博物館」ホームページ
 厩猿(きゅうえん)信仰に関する記述あり。日光東照宮の神厩舎に関しては記載なし。  
 △「京都大学霊長類研究所」ホームページ
 ゲノム多様性分野:川本芳のページに厩猿信仰に関する記述あり。日光東照宮の神厩舎に関しては記載なし。
  
3、データベース検索
 〇ヨミダス歴史館
 “神馬”をキーワードに検索
  〇1941年9月27日 「故長久王の御愛馬 日光東照宮へ御寄進」 東照宮の神馬についての記述あり
  〇2005年5月31日 「ニュージーランドが日光東照宮へ白馬 24年ぶり3頭目」 東照宮の神馬に関して歴史、由来の記述あり
 
4、確認をしたが記述のなかった資料は以下のとおり
 ×『古代史と日本神話』 大林太良/ほか著 大和書房 1996年
 ×『動物民俗1・2』 長澤武/著 法政大学出版局 2005年
 ×『古建築の見方・楽しみ方』 瓜生中/著 PHP研究所 2000年
 
5、後日再調査、以下の資料にも記述あり
 〇『徳川家と日光東照宮 』 日光東照宮/監修 宝島社 2015年
 p.34に神厩舎についての記述と写真の掲載あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神社.神職  (175 9版)
日本  (291 9版)
日本の建築  (521 9版)
参考資料
(Reference materials)
日光東照宮の謎 高藤晴俊/著 講談社 1996.3 175.932 4-06-149292-6
国史大辞典 7 国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1986.11 210.033 4-642-00507-2
寺社建築の歴史図典 前久夫/著 東京美術 2002.3 521.81 4-8087-0719-5
郷土資料事典 9 ゼンリン 1997.3 291.093
徳川家と日光東照宮 日光東照宮/監修 宝島社 2015.3 175.932 978-4-8002-3608-1
わくわく「日光の社寺」たんけん 神厩舎 http://www.nikko-syaji-tanken.jp/toshogu/08_11/09.html 2016/03/02
日光東照宮ホームページ http://www.toshogu.jp/shaden/index.html 2016/03/02
キーワード
(Keywords)
神馬
神厩
日光東照宮
厩猿信仰
三猿
火伏せ
寺社建築
栃木
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
小学生
登録番号
(Registration number)
1000189797解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決