このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000189737
提供館
(Library)
仙台市民図書館 (2210011)管理番号
(Control number)
市民2015-事3
事例作成日
(Creation date)
2015年00月00日登録日時
(Registration date)
2016年03月23日 16時40分更新日時
(Last update)
2016年11月11日 19時40分
質問
(Question)
世界遺産に登録された富岡製糸場は白石の片倉製糸と関係が
あると聞いたが、どんな関係なのか知りたい。
回答
(Answer)
明治5年に官営の工場として操業を始めた富岡製糸場は、明治26年民営化され、三井財閥に払い下げとなり、その後明治35年に原合名会社へ譲渡された。
経営は順調に伸びていたが、昭和の大恐慌、満州事変などの国際情勢の変化等により、いくつかの工場閉鎖を余儀なくされた。この時、富岡製糸場を独立させ、その筆頭株主となったのが片倉製糸紡績株式会社である。
一方、片倉製糸紡績は明治6年に長野県の村で片倉市助が10人繰りの製糸を始め、これが順調に成長し、国内生産1位にまで上りつめた。官営の富岡製糸場が公売のつど参加したが落札できず、半世紀がかりでやっと手に入れた。昭和14年に「片倉製糸紡績株式会社富岡製糸場」となり、その後昭和18年には「片倉工業株式会社」と改称した。さらに、昭和20年に白石製糸場を開始した。
白石製糸場は、明治35年に刈田郡立製糸場として設立され、数度の経営者交替を経て片倉製糸に委ねられることとなった。
なお、白石工場では昭和45年まで生糸が製造されていたが、その後事業を転換した。また富岡製糸場は、化学繊維の普及などにより昭和62年に115年続いた歴史の幕を閉じた。
回答プロセス
(Answering process)
『富岡製糸場と絹産業遺産群』には富岡製糸場の設立とその背景、官営時代、民営化後、そして片倉製糸に合併されたことなどが載っていたが、「白石」がでてこなかった。そこで白石市史を調べると、「刈田郡立製糸場は、片倉製糸白石工場として一切の経営権を委譲するに至った」とあった。
 片倉製糸白石工場が片倉工業に合併される以前に、片倉工業の前身である片倉製糸紡績が富岡製糸場を合併していた、とわかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『富岡製糸場と絹産業遺産群』 今井幹夫/編著 ベストセラーズ 2014年
『白石市史 2 特別史 上』 白石市史編さん委員/編 1972年
『企業名変遷要覧』 結城智里/編 日外アソシエーツ 2006年
『宮城県百科事典』 河北新報社/編 1982年
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000189737解決/未解決
(Resolved / Unresolved)