このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000189624
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中千葉-2016-2
事例作成日
(Creation date)
2015年05月22日登録日時
(Registration date)
2016年03月19日 13時22分更新日時
(Last update)
2016年03月21日 12時18分
質問
(Question)
千葉県における電気・電力の歴史、また、はじめて電気がつかわれたときのエピソードなどがあったら知りたい。
回答
(Answer)
千葉県における電気・電力の歴史について書かれている次の資料を紹介します。

【資料1】『千葉県の電灯の歴史』あとがきに、この資料は【資料2】『松戸市史 下巻(二)大正昭和編』p384-426「電気と電燈の導入」の原稿として書いたものであることが記されています。内容に若干の違いがあるようなので、それぞれを通覧してください。手書きのこの資料の本文を活字にしたものが、『松戸史談 第17号』(松戸史談会 1978)に電燈導入百年の記念として再録されています。
【資料3】『千葉県の歴史 通史編 近現代3』p390-397「工業化の展開と地域経済」の項で電力について触れています。

【資料4】『千葉県の歴史 資料編 近現代6』「本書を理解するために」のp10-11「川崎製鉄と東京電力の誘致」について記載されています。
「資料編」「京葉工業地帯の開発」の中では 「川崎製鉄と東京電力の誘致」に関する資料の掲載があります。

【資料5】『東京電力火力技術三十年の歩み』p40-第1章「発足直後の火力の増強」では国内の火力発電について記載されています。
p40-昭和29年の千葉火力一号機をはじめとし、袖ケ浦火力・姉崎・五井火力・計画中という富津火力発電所について記載されています。
「天然ガス火力の時代」の項では、「袖ケ浦LNG基地の建設と運営」「姉崎・五井火力のガス化改造」「姉崎火力のLPGの導入」「火力技術のたゆみなき進歩をめざして」の項では「コンバインドサイクルの導入(富津火力の建設)」など「発電効率向上のための新技術」に県内の東京電力がどう関わったかがよくわかります。

【資料6】『千葉県における電気事業の歩み 歴史を訪ねて その1~その36』は、社内報「房総」の連載物をまとめた資料と思われますが(「歴史を訪ねて その1」に社内報 房総(1966年6月第1号)というメモ書き有)、興味深い記事が掲載されています。

以下は、「市町村史」以外の資料から調査した地域ごとの様子が分かる資料です。エピソードなども書かれているので紹介します。
【資料7】『千葉県君津郡市における電気事業変遷史』は、君津・木更津近辺での電気・電力の歴史についてまとめられている資料です。

【資料8】山本鉱太郎著「電灯」(『流山研究 におどり』(流山市立博物館友の会 第3号 1984)p133-134は、「流山事始め」という連載物の中の一論文です。流山に初めて電燈がともった明治44年の状況などがわかります。

【資料9】高橋誠一著「八街の電気事業」(会誌『郷土八街』(八街郷土史研究会 第16号 2012)p106-109 昭和3年にあった「東電散宿所」を中心に記載されています。

【資料10】白土貞夫著「成田の電灯電力史 ―成宗電気軌道の電力供給事業を中心として-」(『成田市史研究』(成田市立図書館編 成田市教育委員会 15号1991)p23-50)は、電気軌道を中心として書かれていますが、電灯についても書かれています。また、成宗電気軌道株式会社による「電灯案内」が合わせて所収されています。

【資料11】君塚金蔵著「灯火」『鴨川風土記 第二巻 鴨川市立図書館創立40周年記念』(鴨川風土記編纂委員会編 鴨川市立図書館 1992)p133-138では、一般的な照明についての論文ですが、p138「電灯」の項で鴨川に電燈がついた頃のことが記載されています。
回答プロセス
(Answering process)
千葉県立図書館の蔵書検索システムで検索、「電灯×千葉県」。
千葉県立図書館ホームページ「菜の花ライブラリー」で検索、キーワードは「電灯」、「電気」。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
送電.変電.配電  (544 9版)
電灯.照明.電熱  (545 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『千葉県の電灯の歴史』(松下邦夫編著 1966)(9200125722)
【資料2】『松戸市史 下巻(二) 大正昭和編』(松戸市誌編さん委員会編 松戸市役所 1968)(9200280855)
【資料3】『千葉県の歴史 通史編 近現代3』(千葉県史料研究財団編 千葉県 2009)(0200894150)
【資料4】『千葉県の歴史 資料編 近現代6』(千葉県史料研究財団編 千葉県 2006)(0200835785)
【資料5】『東京電力火力技術三十年の歩み』(東京電力株式会社火力部編 1984)(9200125713)
【資料6】『千葉県における電気事業の歩み 歴史を訪ねて その1~その36』(東京電力千葉支店編 東京電力千葉支店)(9200125698)
【資料7】『千葉県君津郡市における電気事業変遷史』(東京電力株式会社千葉支店木更津営業所著 1985)(9200331408)
【資料8】山本鉱太郎著「電灯」(『流山研究 におどり』(流山市立博物館友の会 第3号1984)p133-134)(0501088008)
【資料9】高橋誠一著「八街の電気事業」(会誌『郷土八街』 (八街郷土史研究会 第16号 2012)p106-109)(0503458270)
【資料10】白土貞夫著「成田の電灯電力史 ―成宗電気軌道の電力供給事業を中心として-」(『成田市史研究 』(成田市立図書館編 成田市教育委員会 15号 1991)p23-50)(0501085267)
キーワード
(Keywords)
千葉県-電燈
千葉県-電気
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000189624解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter


レファ協とは?

図書館員等の方へ

おすすめデータ

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ