このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000189087
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
1A14002414
事例作成日
(Creation date)
2010年10月29日登録日時
(Registration date)
2016年03月10日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年01月17日 00時30分
質問
(Question)
大阪市中央区にある土佐堀通の一本南側の東西道路(御堂筋から堺筋)の名称について記載のある資料を見たい。北浜通あるいは内北浜通と称されているようだ。
回答
(Answer)
「北浜通」または「内北浜通」の記載のあった資料をご紹介しました。

●書籍
『角川日本地名大辞典 27』(角川書店,1983.10)
p.392「北浜」の項に「土佐堀川沿いの外北浜とその1つ南の内北浜の2つの通りになったという」とあります。

『大阪の町名-大阪三郷から東西南北四区へ-』(大阪町名研究会 編 清文堂,1977)
p.117北浜一~五丁目の項に「北浜は大川沿いの通りの外北浜とその一つ南の通りの内北浜からなる」とあります。

『愛日-愛日小学校総誌-』(愛日小学校を讃える会記念誌編集部/編集 1990)
p.142,143「愛日校区昔の街並懐古」の項の文中や絵図に、内北浜、内北浜通りの記載があります。

『写真で見る大阪市100年』(大阪都市協会/編集 1989)
p.75(写真)「北浜通の風景」とその説明文(p.74)「北浜2丁目から東の市電道路」から、現在の土佐堀通の写真と思われます。

『船場』(宮本 又次著 ミネルヴァ書房 1960)
p.5「内北浜筋は過書町といった」と記載があります。
※『日本歴史地名大系28 大阪府の地名 1』(平凡社,1986.2)
p.436【過書町】の項「栴檀木(せんだんのき)筋を境に北浜二丁目の西にあり、」「明治五年(1872)当町東側が北浜三丁目、西側が梶木(かじき)町の一部とともに北浜四丁目となった。」と記載あり。

『大阪北船場スタイル』(えい出版社)
1)『大阪北船場スタイルNo.01』(えい出版社,2006.10)
付属の「北船場エリアMAP」に「内北浜通」が確認できる。
2)『大阪北船場スタイルNo.02』(えい出版社,2008.1)
付属の「北船場エリアMAP」に「北浜通」が確認できる。
※上記1)と2)は同じ通りを指しています。

●インターネット
「大阪市東区・南区調査地域概況」(国立公文書館アジア歴史資料センター)
https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/A08071883800
文中に「~金融業者等ノ店舗ガ囲集シ内外両北浜通ノ横堀川筋以西二丁目迄ノ地域ハ~」とあります。

●データベース
商用データベースJapanKnowledge(ジャパンナレッジ)(事典・辞書等)
『国史大辞典』【適々斎塾】の項目「~敷地は北浜通りに面して、間口六間余(約一二メートル)~」 ※土佐堀通の一本南側の通りをさしていると思われます。

商用データベース聞蔵Ⅱビジュアル(朝日新聞 一部記事写真閲覧可)
大阪朝日新聞記事
1)1881年8月3日 大阪/朝刊 2頁 1段
「○来る十八日は中の島……(豊国神社大祭の神輿渡御の道筋)【大阪】」の記事に「北濱通りを東へ」と記載があります。
2)1883年5月8日 大阪/朝刊 1頁 3段
「○一昨六日午前四時頃……(空き貸家に放火か、八戸全半焼)【大阪】」の記事に「北濱通より南へも延焼せざりし」と記載があります。

商用データベース「D1-Law.com第一法規法情報総合データベース(判例・法律文献)」
以下の判決本文の中で言及があります。
1)昭和41年4月15日/最高裁判所第二小法廷/判決/昭和40年(あ)第1107号「~大阪市a区b丁目c番地附近道路(通称内北浜通り)~」
2)昭和36年2月20日/大阪地方裁判所/判決/昭和33年(ワ)第162号「~本件事故現場は、大阪市内御堂筋と北浜通りと交さした御堂筋南北四〇粁疾行車道上で~」

●電子書籍
『浪華百事談. 異本洞房語園. 洞房語園後集. 洞房語園異本考異. 筆のすさび. おほうみのはら』(吉川弘文館, 2009)
p.124「懐徳書院」の項に「北浜通」、p.132「馬島の浜」の項に「北浜通り」の記載があります。
※原資料も所蔵あり。
『日本随筆大成 第3期 2 浪華百事談 異本洞房語園 新装版』日本随筆大成編輯部/編 吉川弘文館, 1995.6
回答プロセス
(Answering process)
1. 商用データベース「JapanKnowledge」を、キーワード”北浜通” および ”内北浜通”で検索。

2. 大阪に関する地名事典・市史類を確認。資料1、2が見つかる。
なお、以下の資料には記載が見つからなかった。
『新修大阪市史 第10巻』 (新修大阪市史編纂委員会/編集, 大阪市,1996.3)
索引に「内北浜」「北浜通」 なし。

『大阪編年史 第27巻 索引』 (大阪市立中央図書館市史編集室/編集、 大阪市立中央図書館,1979.3)
「内北浜」「北浜通」 なし。

3. 「国立公文書館デジタルアーカイブ 横断検索」( https://www.digital.archives.go.jp/globalfinder/cgi/start) をキーワード“北浜通”で検索。アジア歴史資料データベースでヒットした2件を確認。資料8が見つかる。

4 .当該通りを学区とする小学校誌を確認。資料3が見つかる。

5. 中央図書館3Fレファレンス室にある大阪市の写真集を確認。
資料4が見つかる。

6. 新聞5大紙の商用データベースをキーワード北浜通"で検索。
「聞蔵IIビジュアル」のみ2件ヒット。

7. インターネットで「Google Books」で検索すると「ジュリスト」がみつかったので、商用データベース「D1-Law.com第一法規法情報総合データベース」を「判例体系」、フリーワード"北浜通"で検索したところ、2件ヒットした。

8. 当館所蔵資料を、タイトル”船場”×"大阪"で検索し、ヒット資料を確認。
資料5-7が見つかる。

9.当館電子書籍を”北浜通”で検索。資料9-1.9-2が見つかる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216 9版)
参考資料
(Reference materials)
当館書誌ID <0000184865>  角川日本地名大辞典 27 大阪府 「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編 角川書店 1983.10 9784040012704 (資料1)
当館書誌ID <0070049341>  大阪の町名 -大坂三郷から東西南北四区へ- 大阪町名研究会/編 清文堂出版 1977  (資料2)
当館書誌ID <0000225765>  愛日 -愛日小学校総誌- 愛日小学校を讃える会記念誌編集部/編集 愛日小学校を讃える会事業委員会 1990  (資料3)
当館書誌ID <0000191451>  写真で見る大阪市100年 大阪都市協会/編集 大阪都市協会 1989 9784900558014 (資料4)
当館書誌ID <0000244954>  船場(風土記大阪 第1集) 宮本 又次/著 ミネルヴァ書房 1961  (資料5)
当館書誌ID <0011278118>  大阪北船場スタイル No.01 特集北浜・淀屋橋・本町・中之島(エイムック 1235)  〓出版社 2006.10 4-7779-0585-3 (資料6)
当館書誌ID <0011548311>  大阪北船場スタイル No.02 特集悠然と新しい、珠玉の大阪(エイムック 1455)  〓出版社 2008.1 978-4-7779-0902-5 (資料7)
当館書誌ID <0412872066> [電子資料] 浪華百事談. 異本洞房語園. 洞房語園後集. 洞房語園異本考異. 筆のすさび. おほうみのはら(日本随筆大成 / 日本随筆大成編輯部編 第3期第2巻) 庄司, 勝富 吉川弘文館 2009  (資料9-1)
当館書誌ID <0000453694>  日本随筆大成 第3期 2 浪華百事談 日本随筆大成編輯部/編 吉川弘文館 1995.6 9784642090490 (資料9-2)
「大阪市東区、南区調査地域概況」(国立公文書館アジア歴史資料センター)  https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/A08071883800  (資料8)
キーワード
(Keywords)
大阪府大阪市中央区
北浜通
内北浜通
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
その他(庁内)
登録番号
(Registration number)
1000189087解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!