このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000189013
提供館
(Library)
愛知淑徳大学図書館 (3310015)管理番号
(Control number)
ASN2015-08
事例作成日
(Creation date)
2015年11月06日登録日時
(Registration date)
2016年03月08日 16時14分更新日時
(Last update)
2016年03月11日 10時55分
質問
(Question)
高校生のアルバイトをしている割合及びその理由が知りたい。 (目安:最近のものがよい。)
回答
(Answer)
いくつかの調査が行われている。
調査により、実施の時期や対象範囲が異なるため、複数の資料を参照する。
詳細は回答プロセスを参照。
回答プロセス
(Answering process)
1.本学所蔵資料から探す
 1-1.レファレンス資料の棚をブラウジング (分類:3676(児童・青少年問題)、3694(児童福祉)、37*(教育))
  ・【★1】『若者ライフスタイル資料集2008』
     p.236 "若者のマネー事情"
       →高校生の給与収入の有無の割合を掲載。
        (出典:インテリジェンス「高校生・大学生・フリーター若者のマネー事情」2006年12月~2007年1月調査、
         「an」「Free an」「weban」「モバイルan」利用者である15歳~34歳対象(インターネット調査))
     p.326 "高校生のアルバイト"
       →アルバイトをしている割合を掲載。
        (出典:バンダイネットワークス、VIBE、東急エージェンシー「高校生のアルバイト事情に関する調査」
         2007年4月調査、携帯サイト「GAMOW」会員である16歳~18歳の高校生対象)
  ・【★2】『教育アンケート調査年鑑 2014年度 上』
     p.325 "女子高生を対象とした「アルバイトに関する意識調査」"
         (出典:フリュー株式会社GIRLS'TREND研究所 「2014年2月27日ニュースレターVol.14」
          2014年1月29日-2月16日調査、プリントシール画像共有サイト「ピクトリンク」会員の女子高生対象)
  ・【★3】『子どもの貧困白書』
     p.264 "厳しい労働市場に追いやられる高校生アルバイト"
          (出典:2007年度 埼玉県全日制困難校・校外生活アンケート調査
           2009年度 埼玉県定時制高校生に対する生活実態アンケート調査)

 1-2.本学OPACで探す
  <キーワード:高校生>
   ・【★4】『高校生の進路と職業意識に関する調査報告書 : 日本・米国・中国・韓国の比較』
      p.52-54  アルバイト経験や理由などについて記載。
      p.87、100 付録「単純集計結果」「日本語質問票」を収録。
      ※調査実施期間:日本2012年9~11月(調査概要はp.3~記載)
   ・【★5】『国際比較からみた日本の高校生 : 80年代からの変遷』
      p.71-73 アルバイトの経験や理由などを掲載。
      p.87   付録1 単純集計結果
            →問9でアルバイト経験や理由・目的を記載。
             (出典:「高校生の意欲に関する調査」2007年4月、「高校生の消費に関する調査」2008年4月、
             「高校生の進路と職業意識に関する調査」2013年4月)
      ※出典の単純集計結果は、「日本青少年研究所」< http://www1.odn.ne.jp/youth-study/ >の
       「調査・研究」内でも閲覧可能。

2.論文から探す
 【★6】『CiNii Articles』
   <キーワード:アルバイト 高校生>
    (例)[当館所蔵なし]
      論  題:拡大する貧困層世帯の高校生とアルバイトとの関連性
      著  者:小島 俊樹
      掲載雑誌:名古屋市立大学大学院人間文化研究科人間文化研究 (15), 179-192, 2011-06
               ⇒「名古屋市立大学学術機関リポジトリ」< https://ncu.repo.nii.ac.jp/ >で閲覧可能。
                TOP>研究紀要>人間文化研究>vol.15>該当論文「PDF」>本文閲覧可能

3.Web情報から探す
 ・【★7】『総務省統計局』
    TOP>画面中央「調査名で探す」>「11就業構造基本調査」
    「平成24年就業構造基本調査」(平成25年7月25日公表)を掲載。
      → 調査の結果>「5.統計表一覧」>「調査の概要・結果・主要統計表」内で次の表を閲覧可能。(Excel)
        ・主要統計表(全国)「1男女,年齢,就業状態別15歳以上人口及び割合」
        ・主要統計表(全国)「2男女,年齢,従業上の地位・雇用形態別有業者数及び割合」
    ※就業構造基本調査は、全国及び地域別の就業・不就業の実態を明らかにする調査。

 ・【★8】『公益財団法人 生命保険文化センター』
    「高校生の消費生活と生活設計に関するアンケート調査」
     (公益財団法人消費者教育支援センターと共同で実施)
       TOP>プレスリリース一覧>2012年度>2013年2月5日「「高校生の消費生活と生活設計に関する
       アンケート調査」まとまる」>アンケート調査報告書・全84ページ
         →p.20-27 アルバイト経験などについて掲載。
           p.69   調査票・単純集計結果

 ・【★9】『an report』
    Top>画面右上「若年層白書」 →「若年層白書2014」を掲載。
     → "第3部 「いま」のアルバイト" に学年ごとのバイト経験などについて掲載。
    ※an reportは、求人募集メディア「an」の運営元の株式会社インテリジェンスが運営しているサイト。

 ・【★10】『インテリジェンス』
    TOP>ニュースリリース>画面右下「意識調査」 →過去に実施したアンケート結果を掲載。
     (例)・2011月2月8日
        「アルバイトの働く理由、「貯金のため」過半数超える 仕事探し、学生は「社会に出る第一歩」
         フリーターは「良い条件」求める〜アルバイト・パートの「働く理由」「仕事探しの重視点」意識調査〜」
       ・2007年2月16日
        「バイトデビューは高校1年生 ~初めてのアルバイト実態調査~」
          →タイトルクリック後、文章下方の【その他、「HRレポート」収録データ】(PDF形式)内で詳細を掲載。
       ・2006年12月19日
        「就労経験は9割以上 アルバイトは大学生の生活の一部に~アルバイト実態調査2006~」
          →タイトルクリック後、文章下方の【その他、「HRレポート」収録データ】(PDF形式)内で詳細を掲載。

 ≪関連資料≫
  アルバイトの割合や理由の記載は見つけられなかったが、高校生に関連した情報が掲載されている。
   ・『ベネッセ教育総合研究所』< http://berd.benesse.jp/
     画面中央「調査データの詳細検索」>"キーワード:アルバイト、調査対象:高校生"で検索
      (例)・『高校データブック2013』
           →ベネッセ実施の調査より、高校教育に関連するデータを選択して編集したもの。
        ・『第2回 放課後の生活時間調査 報告書 [2013]』
           → 小学生・中学生・高校生の生活時間の実態と意識に関する調査をまとめたもの。

以上
<Web最終確認日:2015/11/11>
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
家族問題.男性.女性問題.老人問題  (367 9版)
社会福祉  (369 9版)
教育  (37 9版)
参考資料
(Reference materials)
【★1】『若者ライフスタイル資料集2008』(アーカイブス出版編集部 アーカイブス出版 2007.11 3676/W23/2008)
【★2】「教育アンケート調査年鑑」編集委員会 編 , 創育社. 教育アンケート調査年鑑 2014上. 創育社, 2014.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025565506-00 , ISBN 9784916004727 (当館請求記号:370/KY42/2014(1))
【★3】子どもの貧困白書編集委員会 編. 子どもの貧困白書. 明石書店, 2009.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010550923-00 , ISBN 9784750330358 (当館請求記号:3694/KO215)
【★4】日本青少年研究所. 高校生の進路と職業意識に関する調査報告書 : 日本・米国・中国・韓国の比較. 日本青少年研究所, 2013.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024359547-00  (当館請求記号:3764/KO44)
【★5】胡霞 編著 , 千石保 監修 , 胡, 霞, 1963- , 千石, 保, 1928-. 国際比較からみた日本の高校生 : 80年代からの変遷. 日本児童教育振興財団, 2014.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025477665-00  (当館請求記号:37641/KO11)
【★6】『CiNii Articles』< http://ci.nii.ac.jp/ >(学術論文情報を検索の対象とする論文データベース・サービス)
【★7】『総務省統計局』< http://www.stat.go.jp/ >(総務省統計局、統計研修所の共同運営によるサイト。「e-stat」とリンクにより各種統計を閲覧できる。)
【★8】『公益財団法人 生命保険文化センター』< http://www.jili.or.jp/index.html >(生活設計と生命保険に関する情報を提供するサイト。)
【★9】『an report』< http://weban.jp/contents/an_report/ >(求人募集メディア「an」の運営元の株式会社インテリジェンスが運営しているサイト。)
【★10】『インテリジェンス』< https://www.inte.co.jp/ >(求人募集メディア「an」の運営元のサイト。仕事に関する様々な意識調査を実施。)
キーワード
(Keywords)
高校生
アルバイト
統計
アンケート
調査
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
統計
質問者区分
(Category of questioner)
教員
登録番号
(Registration number)
1000189013解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!