このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000188968
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
北方 15-0021
事例作成日
(Creation date)
2015/11/21登録日時
(Registration date)
2016年03月07日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年03月07日 00時30分
質問
(Question)
屯田兵が本州から北海道へ入殖する際に、恐らく日本郵船株式会社の船を使っていると思うのだが、その船の写真が載っている資料はありや。
回答
(Answer)
回答資料1~3によると、屯田兵が乗船した船の名前は次のとおり。

琴似:通済丸(M8)上p46、太平丸(M8)(回答資料1 p48)
野幌:佐渡丸(M18)上p94、和歌ノ浦丸(M19)(回答資料1p97)
新琴似:日ノ出丸(M20)上p115、兵庫丸(M21)(回答資料1 p117)
篠路:相模丸(M22)上p134

永山:日ノ出丸、金沢丸(M24)(回答資料2 p45)
東旭川:土佐丸、高砂丸、山城丸(M25)((回答資料2 p63)
当麻:金沢丸(M26) (回答資料2 p82) ※東京郵船会社所属、との記述あり

沼貝:日ノ出丸、金沢丸(M24)(回答資料2 p103)
江部乙:日ノ出丸(M27)(回答資料2 p115)
東西秩父別、南北一已、納内:土佐丸(M28)(回答資料2 p137)
                   日ノ出丸、金沢丸(M29)((回答資料2 p146)

野付牛:武揚丸、武州丸、東都丸(M30)(回答資料3 p40)
湧別:東都丸(M31)(回答資料3 p73)
剣淵:東都丸(M32)(回答資料3 p116)
士別:東都丸(M32)(回答資料3 p136)


判明した船名をもとに、回答資料4,5を調査。
日本郵船の所属と判明したもの、絵または写真があったものは次のとおり。

太平丸(夕顔):なし (回答資料4 p32)
和歌浦丸:絵 (回答資料4 p39~40)
兵庫丸:絵 (回答資料4 p42)
山城丸:写真 (回答資料4 p51)
相模丸:絵 (回答資料4 p53)
土佐丸:写真 (回答資料4 p63)
高砂丸:写真 (回答資料5 p33)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
人口.土地.資源  (334 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 屯田兵村の百年 上巻 伊藤 広∥著 北海道新聞社 1979.3 393.9/I/1

2 屯田兵村の百年 中巻 伊藤 広∥著 北海道新聞社 1979.6 393.9/I/2

3 屯田兵村の百年 下巻 伊藤 広∥著 北海道新聞社 1979.9 393.9/I/3

4 日本郵船船舶100年史 木津重俊∥編 海人社 1984.9 683.3/NI 【一般資料】

5 日本郵船株式会社百年史 日本経営史研究所∥編 日本郵船 1988.10 683.21/NI 【一般資料】

6 琴似町史 札幌市史編集委員会∥編 札幌市 1956 215.61/SA/イ p126~129

7 開拓使最初の屯田兵 山田 勝伴∥著 山田勝伴 1944 215.61/Y p27~29

8 琴似屯田百年史 琴似屯田百年史編纂委員会∥編 琴似屯田百年記念事業期成会 1974 215.61/KO p38~41

1 七十年史 日本郵船株式会社?編纂 日本郵船 1956 683.2/NI
キーワード
(Keywords)
屯田兵
殖民
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000188968解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決