このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000188937
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001012939
事例作成日
(Creation date)
2015/10/24登録日時
(Registration date)
2016年03月06日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年03月06日 00時30分
質問
(Question)
江戸時代に制定された「武家諸法度」のうち、「元和令」「寛永令」「天和令」の内容を比較できる資料を探しています。また、それぞれの内容から投影される、「徳川将軍家と、諸大名の統治関係の変遷」についても、参考になる資料があれば、紹介してください。
回答
(Answer)
武家諸法度のうち「元和令」(元和元年=1615年)、「寛永令」(寛永12年=1635年)、「天和令」(天和3年=1683年)について、当館所蔵資料で確認しました。

●図書
1.『御触書寛保集成』(高柳真三/編 岩波書店 1934)【322.1/T1/2】個人貸出不可
p.1-13 一、武家諸法度之部
そのうち、「元和令」(慶長20年=元和元年)はp.1-2、「寛永令」はp.5-6、「天和令」はp.6-7に原文が掲載されています。

2.『徳川禁令考 前集 第1』(法制史学会/編 創文社 1959)【494/63】貸出可
p.61-75 第十四 武家諸法度
このうち、「元和令」(慶長20年=元和元年)はp.61-62、「寛永令」はp.63-65、「天和令」はp.65-67に原文が掲載されています。

3.『日本思想大系 27 近世武家思想』(岩波書店 1977)【081/12N/27】貸出可
p.454-462 [参考]武家諸法度、諸士法度、徳川成憲百箇条
このうち、「元和令」(慶長20年=元和元年)はp.454-455、「寛永令」はp.456-457、「天和令」はp.458-459に原文が掲載されています。

●インターネット
「元和令」「寛永令」「寛文令」「天和令」「正徳令」「享保令」の6点を一覧表にして、比較できるインターネット情報がありました。個人のサイトである点を御了承ください。
「武家諸法度比較表」(2015/10/24現在)
http://www.hh.em-net.ne.jp/~harry/komo_hatto_hikaku.html

「徳川将軍家と諸大名の統治関係の変遷」について参考になると思われる資料は、以下のとおりです。

●図書
1.『日本史史料 3(近世)』(歴史学研究会/編 岩波書店 2006.12)【210.08/63N/3】貸出可 
p.68-70、75-78、152-153、174-175 原文と解説があります。

2.『史料大系日本の歴史 第4巻 近世1』(大阪書籍 1979.7)【210/253】貸出可
p.181-184 「元和令」の原文と、脚注に各条と改訂についての解説があります。
「・・・・・慶長二十年の「武家諸法度」一三か条は、先行法令をしたじきにしており、新味という点には欠ける。しかし、内容自体は大名統制の要点をよくついており、以後の幕府の大名政策の基本となるもの・・・・・」
「・・・・・元和二年(1616)・寛永六年(1629)に改訂が行われるが、寛永十二年の大改定まで実質的な変化はなかった。寛永十二年の法度は林羅山の起草になるもので、・・・そこでの最も著しい改訂は、大名の国政に関する規定の増加で、新たな条の八か条がこれにあたる。その内容は、民治・交通・宗教・徳教にまでわたっている。同十五年の改定以降、規制は徐々に緩和・・・・・」

3.『史料による日本の歩み 近世編』(児玉幸多/編 吉川弘文館 1996.1)【210.1/36N】貸出可
<寛永十二年六月廿一日> p.42-44 「寛永令」の原文と解説があります。
「最初の武家諸法度は慶長二十年(1615)7月に、禁中幷公家諸法度とともに公布された。将軍家光代のものとして制定されたもので、慶長法度を大幅に改定し、確立期幕藩制国家にふさわしい内容になっている。第一四条に象徴されるように、大名に対し民の統治についての責任を求め、また「私之関所、新法之津留」を禁じている(第一六)ことなどに特徴がある。」

●雑誌記事
1.『CiNii』でフリーワード「武家諸法度」の検索結果のうち、「徳川将軍家と、諸大名の統治関係の変遷」と関連すると思われる記事をご紹介します。

1)「史料解読『武家諸法度』を読む:幕府大名統制の根幹を探る!)(佐々悦久/著 『歴史読本』59(1)<895>(2014.1新人物往来社 p.146-453)
当館では所蔵しておりませんので、最寄りの図書館にご相談ください。

2)「元和・寛永期の『武家諸法度』存否について: 参勤交代制の『成立』『制度化』との関連において」(丸山雍戒/著 『日本歴史』吉川弘文館 511、1990.12 p.1-18)【当館請求記号:雑/1882】貸出不可
近世初期の参勤交代制の「成立」「制度化」について、「元和令」「寛永令」やその間の「武家諸法度」により考察し、初期幕藩制国家の権力構造を論じています。

3)「武家諸法度の性格について」(塚本学/著 『日本歴史』吉川弘文館 290 1972.7 p.25-38 【当館請求記号:雑/1882】貸出不可
それぞれを「元和法度」「寛永十二年法度」「天和法度」として論じ、諸大名の統治関係とその変遷についての考察があります。

また、国立国会図書館「リサーチ・ナビ」が参考になると思いますので、お知らせします。
「江戸幕府の法令集」(個別の法令・法典)(2015/10/24現在)
http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/post-644.php
1.武家諸法度

[事例作成日: 2015年10月24日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
法制史  (322 8版)
参考資料
(Reference materials)
御触書寛保集成 高柳/真三∥編 岩波書店 1934 (1-2,5-6,6-7)
徳川禁令考 前集 第1 法制史学会∥編 創文社 1959 (61-62,63-65,65-67)
日本思想大系 27 岩波書店 1977 (454-455,456-457,458-459)
日本史史料 3 歴史学研究会∥編 岩波書店 2006.12 (68-70,75-78,152,153,174-175)
史料による日本の歩み 近世編 新版 児玉/幸多∥編 吉川弘文館 1996.1 (42-44)
史料大系日本の歴史 第4巻 大阪書籍 1979.7
日本歴史 日本歴史學会 吉川弘文館 511(1990.12) (1-18)
日本歴史 日本歴史學会 吉川弘文館  290(1972.7) (25-38)
http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/post-644.php  (「武家諸法度比較表」(2015/10/24現在))
http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/post-644.php  (国立国会図書館リサーチ・ナビ江戸幕府の法令集(個別の法令・法典)(2015/10/24現在))
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
法律
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000188937解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!