このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000188928
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001012856
事例作成日
(Creation date)
2015/11/20登録日時
(Registration date)
2016年03月06日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年03月06日 00時30分
質問
(Question)
大阪府の「津波・高潮ステーション」ができた経過について調べています。

ホームページ
1.大阪府 都市整備部 西大阪治水事務所 企画防災グループ「津波・高潮ステーション」(2015/11/20現在)
http://www.pref.osaka.lg.jp/nishiosaka/tsunami/
設立の経過についての情報はありませんでした。

2.西大阪治水事務所(2015/11/20現在)
http://www.pref.osaka.lg.jp/nishiosaka/
「2009年9月には、西大阪地域の防災拠点および津波・高潮災害に関する啓発活動の拠点となる「津波・高潮ステーション」を開館しました。」がわかりました。
回答
(Answer)
1.大阪市西区江之子島2-1-64「津波・高潮ステーション」について、当館契約データベース朝日新聞「聞蔵2 ビジュアル」を検索したところ、次の記事がありました。

1)2005年01月31日 夕刊 2総合  「防災・安全に16億円 大阪府が当初予算案 【大阪】」
 大阪府の05年度当初予算案の概要が31日、明らかになった。防災対策や子どもの安全確保のシステムづくり、観光客誘致や産業振興などを盛り込んだ「再生重点枠」に約30億円を計上した。・・・・・
 防災や子どもの安全確保のシステムづくりの「くらしの安全・安心の確保」には約16・8億円をあてる。津波ステーションの設置や防潮施設の補強などを実施。・・・・・」

2)2009年09月08日 朝刊 大阪市内・1地方 「水害を音・映像で体感 大阪・西区に施設 /大阪府」
 地震や台風などで発生する水害に防災意識を持ってもらおうと、大阪市西区江之子島2丁目の府西大阪治水事務所内に「津波・高潮ステーション」が完成し、7日、開館式があった。一般公開は8日から。・・・・・

2.次に、インターネットで『大阪府議会会議録』を検索しました。

「大阪府議会会議録検索システム」(2015/11/20現在)
キーワード検索
http://kaigiroku.gikai-web.jp/kaigiroku/osakafu/frameBase_osk_ky.html
□平成11年度~現在
□平成1年度~平成10年度
□昭和46年度~昭和63年度

上の年代3件ともにチェックを入れて、検索語「津波」、「高潮」、「津波・高潮」、「津波高潮」、「津波」「高潮」の結果を確認した結果、次のことがわかりました。

1)平成17年2月定例会本会議(02月25日01号)
http://kaigiroku.gikai-web.jp/kaigiroku/cgi-bin/WWWframeNittei.exe?USR=osaosaf&PWD=&A=frameNittei&XM=000100000000000&L=1&S=15&Y=%95%bd%90%ac16%94%4e&B=255&T=-1&T0=-1&O=-1&P1=&P2=&P3=&P=1&K=1123&N=11705&W1=%92%c3%94%67%83%58%83%65%81%5b%83%56%83%87%83%93&W2=&W3=&W4=&DU=0

太田房江知事(当時)「府政運営方針」
 阪神淡路大震災から10年、昨年我が国が多くの災害に見舞われたこともあり、府民の防災対策への関心が高まっている、東南海・南海地震に伴う津波対策として防潮堤の緊急補強や水門の遠隔監視操作システムの構築と、津波が迅速的確な避難情報を伝達する津波防災情報システムを整備いたします。また、西大阪地域の河川における水門や鉄扉の迅速な操作、監視が一元的に行えるよう、西大阪治水事務所を津波ステーション(仮称)として整備いたします。
 台風や集中豪雨により発生する洪水、土砂災害への対応も急がなければなりません。河川改修や治水施設の補強などの治水対策に加え、ハザードマップの作成や土砂災害の警戒情報を配信するシステムの構築など、災害時の避難に役立つ情報発信機能を強化いたします。
・・・・・

西大阪治水事務所を「津波ステーション(仮称)」として、「西大阪地域の河川における水門や鉄扉の迅速な操作、監視」と「災害時の避難に役立つ情報発信機能」を目的に整備するためだったようです。

2)平成17年2月定例会本会議(03月03日03号)
http://kaigiroku.gikai-web.jp/kaigiroku/cgi-bin/WWWframeNittei.exe?USR=osaosaf&PWD=&A=frameNittei&XM=000100000000000&L=1&S=15&Y=%95%bd%90%ac16%94%4e&B=255&T=-1&T0=-1&O=-1&P1=&P2=&P3=&P=1&K=1123&N=11705&W1=%92%c3%94%67%83%58%83%65%81%5b%83%56%83%87%83%93&W2=&W3=&W4=&DU=0

府会議員「東南海・南海地震の津波対策」の質問に対する、土木部長の回答
平成18年度「西大阪治水事務所の建てかえにあわせて整備する」とのことです。

3)平成17年2月定例会本会議(03月07日05号)
http://kaigiroku.gikai-web.jp/kaigiroku/cgi-bin/WWWframeNittei.exe?USR=osaosaf&PWD=&A=frameNittei&XM=000100000000000&L=1&S=15&Y=%95%bd%90%ac16%94%4e&B=255&T=-1&T0=-1&O=-1&P1=&P2=&P3=&P=1&K=1123&N=11709&W1=TSUNAMI&W2=&W3=&W4=&DU=0

府会議員から、昨年の台風や、スマトラ沖大地震、「TSUNAMI」という言葉を例に、「東南海・南海大地震」「安全なまちづくりの中の緊急対策として津波ステーションの設置」についての質問がありました。

4)平成17年2月定例会土木建築常任委員会(03月16日02号)
http://kaigiroku.gikai-web.jp/kaigiroku/cgi-bin/WWWframeNittei.exe?USR=osaosaf&PWD=&A=frameNittei&XM=000100000000000&L=1&S=15&Y=%95%bd%90%ac16%94%4e&B=255&T=-1&T0=-1&O=-1&P1=&P2=&P3=&P=1&K=1131&N=11742&W1=%8d%82%92%aa&W2=&W3=&W4=&DU=0

府会議員「津波ステーションどういうふうなものを考えているのか、現在の西大阪治水事務所とはどのような違いがあるのか」という質問に、河川室̠整備課長が「西大阪治水事務所の建物は、耐震診断の結果崩壊の危険」があるので「平成十七年度耐震設計による建てかえ工事を始めるので、これにあわせ津波対策としての機能の拡充を行い、仮称津波ステーションとして整備を行う」、「府民の防災意識の向上を図ることを目的に、地震や津波、高潮に関する情報発信、津波情報の把握など、防災活動拠点としての機能強化が新しい機能」と回答しています。ここで初めて「津波(と)高潮に対する」という言葉が出てきました。

これに続けて、「仮称津波ステーションという名前は、津波専門のステーション・施設のような感じがする。台風は昨年十回も上陸したため、高潮が発生した。今後、正式に名称を決定するときには、高潮対策も行っていることが、地域住民・府民にもわかってもらえるような名称にしてほしい。」という要望が出されています。

5)平成21年9月定例会本会議(12月11日16号)
http://kaigiroku.gikai-web.jp/kaigiroku/cgi-bin/WWWframeNittei.exe?USR=osaosaf&PWD=&A=frameNittei&XM=000100000000000&L=1&S=15&Y=%95%bd%90%ac21%94%4e&B=255&T=-1&T0=-1&O=-1&P1=&P2=&P3=&P=1&K=1512&N=20297&W1=%92%c3%94%67%81%45%8d%82%92%aa%83%58%83%65%81%5b%83%56%83%87%83%93&W2=&W3=&W4=&DU=0

府会議員の、橋下徹知事(当時)への質問
「津波、高潮災害に関する西大阪地域における防災拠点及び普及啓発拠点となる津波・高潮ステーションが、本年九月八日、西大阪治水事務所内に完成いたしました。この施設は、水害の写真や、映像と音による津波疑似体験により、津波や高潮の実情を知ることができ、それらの猛威から生命、財産を守り、避難方法などの正しい知識を身につけることができます。多くの府民の方々に対し大いにPRをしていただき、津波や高潮についての正しい知識と防災意識の向上に役立てていただきたいと思います。」
 
3.大阪府土木部(平成18年度より都市整備部)の資料でも確認できました。

1)『土木行政の概要 平成17年度』(大阪府土木部 2005.6)当館請求記号【510.9/27N】貸出不可
IV.主要事業等の概要
 2.治水対策
p.65 ・・・・・津波ステーション(仮称)の整備をすすめていきます。

2)『都市整備行政の概要 平成18年度』([大阪府]都市整備部 2006.6)【510.9/27N】貸出不可
IV.主要事業等の概要
 2.治水対策
p.90 ・・・・・津波・高潮ステーション(仮称)の整備をすすめていきます。

※『平成21年度』(2009.6)までには同様に「・・・・・津波・高潮ステーション(仮称)の整備をすすめていきます。」という文章がありましたが、『平成22年度』(2010.6)には「津波・高潮ステーション」という文字はありませんでした。

[事例作成日: 2015年11月20日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地方自治.地方行政  (318 8版)
参考資料
(Reference materials)
土木行政の概要 平成17年度 大阪府土木部 2005.6 (65)
都市整備行政の概要 平成18年度 [大阪府]都市整備部 2006.6 (90)
http://kaigiroku.gikai-web.jp/kaigiroku/osakafu/frameBase_osk_ky.html  (「大阪府議会会議録検索システム」キーワード検索(2015/11/20現在))
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
大阪
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000188928解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!