このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000188628
提供館
(Library)
神奈川県立川崎図書館 (2120004)管理番号
(Control number)
川図15-18
事例作成日
(Creation date)
2015年09月20日登録日時
(Registration date)
2016年02月26日 16時33分更新日時
(Last update)
2016年02月26日 16時33分
質問
(Question)
老朽化の進む日本の道路や橋の路面状態などの点検方法や、その点検方法の問題点に関する資料はあるか。
回答
(Answer)
以下の図書①~④と、雑誌記事⑤~⑩を紹介した。

①『道路アセットマネジメントハンドブック』(道路保全技術センター道路構造物保全研究会、鹿島出版会、2008)

② 『アスファルト舗装保全技術ハンドブック』(道路保全技術センター道路構造物保全研究会、鹿島出版会、2010)

③ 『橋梁点検ハンドブック』(道路保全技術センター、鹿島出版会、2006)

④『道路管理者のための実践的橋梁維持管理講座』(太田貞次ほか、大成出版社、2011)

⑤ 「特集 老朽化対策の本格実施について(前編)」、『道路』、880号(2014年7月)、p.14-44.

⑥「特集 老朽化対策の本格実施について(後編)」、『道路』、881号(2014年8月)、p.12-44.

⑦渡邉 一弘ほか「道路の性格・役割を踏まえた舗装の点検技術の開発 (特集 ストックマネジメント技術研究の最前線)」、『土木技術資料』、55巻8号(2013年)、p. 26-29.

⑧久保昌史ほか 「赤外線熱画像と可視画像によるコンクリート構造物の劣化診断技術の開発と適用」、『コンクリート工学』、 52巻8号(2014年)、p. 644-651.

⑨ 「特集 2015年の土木界(後編)安全・安心確保に向けた動きを20のキーワードから読み取る) 」、『日経コンストラクション』 608号(2015年1月26日)、p.46-52.

⑩小原誠ほか 「橋梁における非破壊検査技術の性能評価 (特集 道路構造物の点検への取組み)」、『土木技術資料』、57巻8号(2015年8月1日)、p. 4-33.
回答プロセス
(Answering process)
道路や橋の点検方法ということで、「514 道路工学」、「515 橋梁工学」の書架をブラウジングしながら、比較的出版年の新しい①~④の図書を選んだ。雑誌記事に関しては、JDreamⅢで<道路 点検><橋 点検>と検索し、
現在の課題と解決策を紹介する雑誌記事⑤~⑩を紹介した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
建設工学.土木工学  (510)
道路工学  (514)
橋梁工学  (515)
参考資料
(Reference materials)
道路保全技術センター道路構造物保全研究会 編 , 道路保全技術センター. 道路アセットマネジメントハンドブック. 鹿島出版会, 2008.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009762347-00 , ISBN 9784306024038 (→p.81-「点検情報の収集」に点検方法や種類について簡潔に述べられている。舗装や橋梁の評価単位についても言及されている。
→p.139-「第6章 アセットマネジメントの取り組み事例」では、橋梁と道路の点検の事例が紹介されている。)
道路保全技術センター道路構造物保全研究会 編 , 道路保全技術センター. アスファルト舗装保全技術ハンドブック. 鹿島出版会, 2010.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010695925-00 , ISBN 9784306024168 (→舗装の大部分を占める「アスファルト舗装」の補修に関する手引き。破損の原因から調査、評価、補修までを写真とともに説明している。)
道路保全技術センター道路構造物保全研究会 編 , 道路保全技術センター. 橋梁点検ハンドブック. 鹿島出版会, 2006.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008386679-00 , ISBN 4306023796 (→橋梁点検に関わる技術者のためのテキスト。→p.159「第6章 点検の基礎」-p.354「第14章 点検に有効な機器」では、点検の種別から記録、機器など点検に関わる事項が紹介されている。)
太田貞次, 鈴木智郎, 三浦正純 編著 , 嘉門雅史 監修 , 太田, 貞次 , 鈴木, 智郎 , 三浦, 正純 , 嘉門, 雅史, 1945-. 道路管理者のための実践的橋梁維持管理講座. 大成出版社, 2011.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011251089-00 , ISBN 9784802829694 (→平成20年から平成22年まで実施された「老朽橋梁維持管理講座」の内容をまとめたもので、p.39-「橋の点検」について言及されている。)
特集 老朽化対策の本格実施について(前編). 2014-07. 道路 880号 p.14-44 (→「道路の老朽化対策の本格実施に関する提言」を受け、メンテナンスサイクルや技術者の育成、地方自治体の取組の事例を紹介している。)
特集 老朽化対策の本格実施について(後編). 道路 (881) p.12-44 (→上記特集記事の後編で、民間会社や産学官の連携、海外の事例を紹介している。
→巻頭インタビューでは、日本の道路メンテナンスが抱える課題が述べられている。)
渡邉 一弘 , 堀内 智司 , 久保 和幸 , 渡邉 一弘 , 堀内 智司 , 久保 和幸. 道路の性格・役割を踏まえた舗装の点検技術の開発. 2013-08. (特集 ストックマネジメント技術研究の最前線) 土木技術資料 = Civil engineering journal : 土木技術の総合情報誌 55(8) p. 26-29
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I024723755-00  (→道路の舗装について、従来の点検技術の課題を挙げるとともに、「三次元点群データ」を用いた検証を行っている。)
久保 昌史 , 天野 勲 , 中山 聡子 , 久保 昌史 , 天野 勲 , 中山 聡子. 赤外線熱画像と可視画像によるコンクリート構造物の劣化診断技術の開発と適用. 2014-08. コンクリート工学 52(8) p. 644-651
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I025740778-00  (→目視や打音調査の課題を解決するために、赤外線熱画像と可視画像を用いた診断システムについて紹介している。)
特集 2015年の土木界(後編)安全・安心確保に向けた動きを20のキーワードから読み取る 日経コンストラクション / 日経BP社 [編](608) p. 46-52 (→インフラの維持管理における課題と、その対策として点検ロボットや、ドライブレコーダーのビッグデータを用いる方法などが紹介されている。)
小原 誠 , 玉越 隆史 , 間渕 利明 , 小原 誠 , 玉越 隆史 , 間渕 利明. 橋梁における非破壊検査技術の性能評価. 2015-08. (特集 道路構造物の点検への取組み) 土木技術資料 = Civil engineering journal : 土木技術の総合情報誌 57(8) p. 6-9
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I026623685-00  (→道路構造物の維持管理のために、橋梁、道路トンネル、舗装路面等の点検技術の現状と、新たな点検手法について紹介している。)
キーワード
(Keywords)
道路
点検
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000188628解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!