このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000188588
提供館
(Library)
神奈川県立川崎図書館 (2120004)管理番号
(Control number)
川図15-13
事例作成日
(Creation date)
2015年07月14日登録日時
(Registration date)
2016年02月26日 10時10分更新日時
(Last update)
2016年02月26日 10時10分
質問
(Question)
1.マンデルブロのフラクタル幾何学の原点的発想とその発達の過程を理解するに適った資料の紹介。

2.上記方法を使った図象形成法の解説資料の紹介。
回答
(Answer)
以下の図書①~⑬を紹介した。

【1.マンデルブロのフラクタル幾何学の原点的発想とその発達の過程について】

①『フラクタル幾何学』(ベンワー・B.・マンデルブロ、日経サイエンス社、1985)

②『フラクタリスト』(ベノワ・B.マンデルブロ著、早川書房、2013)

③『フラクタルって何だろう』(高安秀樹、ダイヤモンド、1988)

④『フラクタルとは何か』(小川泰著、岩波書店、1989)

⑤『美しい数学』(ドナルド・M.デイビス、青土社、1996)

⑥『ブラウン運動』(米沢富美子、共立出版、1986年)

⑦『3時間でカオス理論がわかる本』(橋本尚、HBJ出版局、1992)

【2.図像形成法について】

⑧『インドラの真珠-クラインの夢みた世界-』(D.マンフォード著、日本評論社、2013)

⑨『フラクタル紀行』(芹沢浩、森北出版、1993)

⑩『超越関数の世界 続フラクタル紀行』(芹沢浩、森北出版、1993)

⑪『フラクタルの世界』(宇敷重広、日本評論社、1987)

⑫『フラクタルグラフィックス』(佐藤幸悦、ラッセル社、1989)

⑬『やさしいフラクタル』(安居院猛ほか、工学社、1990)
回答プロセス
(Answering process)
『数学辞典』(Glenn James、朝倉書店、1993)や『岩波数学事典』(日本数学会、岩波書店、2007)などの事典類でフラクタルの定義や参考図書などを調べたところ、「ブラウン運動」、「カオス」、「集合」など、様々な数学的理論が関係していることが分かった。

【1の紹介資料について】
<フラクタル>をキーワードに当館OPACで検索し、書架をブラウジングしながら、フラクタル全般についての解説がなされている①~④の図書と、各理論との関連が分かる⑤~⑦の図書を選んだ。

【2の紹介資料について】
「414 幾何学」の書架を中心にブラウジングしながら、図とプログラムが多数紹介されている⑧~⑬の図書を選んだ。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
数学  (410)
幾何学  (414)
参考資料
(Reference materials)
ベンワー B.マンデルブロ 著 , 広中平祐 監訳 , Mandelbrot, Benoit B, 1924-2010 , 広中, 平祐, 1931-. フラクタル幾何学. 日経サイエンス, 1985.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001725763-00 , ISBN 4532062543 (→マンデルブロ自身の著作で、フラクタルの原点、フラクタル幾何学はどのようなものなのか説明している。図象の説明も多数掲載されている。)
ベノワ・B・マンデルブロ 著 , 田沢恭子 訳 , Mandelbrot, Benoit B, 1924-2010 , 田沢, 恭子, 1970-. フラクタリスト : マンデルブロ自伝. 早川書房, 2013.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024822709-00 , ISBN 9784152094018 (→亡くなる直前まで書かれた自伝。発想や影響を受けた科学者など、マンデルブロについて知ることができる。)
高安秀樹, 高安美佐子 著 , 高安, 秀樹, 1958- , 高安, 美佐子, 1963-. フラクタルって何だろう : 新しい科学が自然を見る目を変えた. ダイヤモンド社, 1988.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001954233-00 , ISBN 4478830045 (→一般向けに書かれており、フラクタルの概念や自然界の例、フラクタル理論の展望までが述べられている。
→p.201「付録2 さらに理解を深めたい人のために」では、参考文献の内容紹介が載っている。)
小川泰 著 , 小川, 泰, 1936-. フラクタルとは何か. 岩波書店, 1989. (New science age ; 39)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001995794-00 , ISBN 4000077392 (→相似、拡大再生産、自然界の例など、一般にも分かりやすい表現でフラクタルの考えが理解できるよう解説されている。)
ドナルド・M.デイビス 著 , 好田順治 訳 , Davis, Donald M, 1945- , 好田, 順治, 1928-. 美しい数学 : 数学の本質と力 新装版. 青土社, 1997.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002646968-00 , ISBN 4791755375 (→p.341-「第5章 フラクタル」の章があり、「5-1フラクタル次元」、「5-2反復とコンピュータ」、「 5-3マンデルブロとジュリア集合」と項目ごとに詳細な説明がある。)
米沢富美子 著 , 米沢, 富美子, 1938-. ブラウン運動. 共立出版, 1986. (物理学one point ; 27)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001835060-00 , ISBN 4320032365 (→p.137-139「8-7ブラウン運動の理論の応用範囲は広範である」、巻末の「もっと勉強したい人のために」では、ブラウン運動の研究を行うペランの考察が、マンデルブローのフラクタルに影響を与えたことが言及されている。)
橋本尚 著 , 橋本, 尚, 1929-1999. 3時間でカオス理論がわかる本 : 「混沌」を科学する新しい数学理論 街角の不思議から応用の可能性まで. HBJ出版局, 1992. (HBJ business express)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002217472-00 , ISBN 4833731347 (→一般向けに、カオスとフラクタルとは何か、両者の関係性について解説している。
→p.220-222に参考図書が多数紹介されている。)
D.マンフォード, C.シリーズ, D.ライト 著 , 小森洋平 訳 , Mumford, David , Series, Caroline, 1951- , Wright, David James, 1955- , 小森, 洋平, 1966-. インドラの真珠 : クラインの夢みた世界. 日本評論社, 2013.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024285575-00 , ISBN 9784535783614 (→19世紀の数学者クラインの提唱したシンメトリーの説明からフラクタルまで数式をコンピュータグラフィック化し、カラー図版で説明。 
→P.115-「CHAPTER5」では、フラクタルとは何かという説明もされている。)
芹沢浩 著 , 芹沢, 浩, 1952-. フラクタル紀行. 森北出版, 1993.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002228687-00 , ISBN 4627015607 (→TurboCを用いて、フラクタル図形を描画する方法についてデータをもとに紹介している。
→p.168に参考文献のリストあり。)
芹沢浩 著 , 芹沢, 浩, 1952-. 超越関数の世界 : 続・フラクタル紀行. 森北出版, 1993.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002236983-00 , ISBN 4627015704 (→⑨の第4章「複素平面上のフラクタル」の内容を用い、超越関数を用いて図形を描く方法を紹介している。
→p.86に参考文献のリストあり。)
宇敷重広 著 , 宇敷, 重広, 1950-. フラクタルの世界 : 入門・複素力学系. 日本評論社, 1987.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001904908-00 , ISBN 4535781591 (→複素力学系の入門的な理論を用いて、フラクタルの図を作成する方法を紹介している。
→巻末に「プログラム・リスト」が付いている。)
佐藤幸悦 著 , 佐藤, 幸悦, 1931-. フラクタル・グラフィックス. ラッセル社, 1989. (ラッセルブックス)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002063267-00 , ISBN 4947627085 (→フラクタル図形の面白さを視覚的に伝えることを目的として書かれており、フラクタルの概念を説明や、作成に必要なプログラムを紹介している。)
安居院猛 [ほか]共著 , 安居院, 猛, 1935-. やさしいフラクタル. 工学社, 1990. (工学選書 ; 10)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002081855-00 , ISBN 4875931603 (→ 初心者向けに、フラクタル理論を解説し、各種図形の描き方をプログラム付きで紹介している。
→p.175-176に参考文献のリストあり。)
キーワード
(Keywords)
フラクタル
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
【2の紹介資料について】
出版年が古い資料は、使用ソフトも古いバージョンとなっているため、図のC言語を参照するようお伝えした。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000188588解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!