このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000188128
提供館
(Library)
中野区立中央図書館 (2310165)管理番号
(Control number)
中野0552
事例作成日
(Creation date)
2016年02月15日登録日時
(Registration date)
2016年02月15日 18時26分更新日時
(Last update)
2018年08月07日 16時52分
質問
(Question)
古代では、太陽の動きで方位を読みとっていたという。具体的にどのような仕組みなのか、なぜ方位がわかるのか、知りたい。
回答
(Answer)
【資料1】『方位読み解き事典』(R290.1/ホ)
p.13-14「太陽と方位測定」の項のなかで、p.14図2に「始原的な方位測定法」をあげ、測定方法の説明あり。また、この方法は中国の古文献『周髀算経』『周禮』に記載されている、とあり。同書p.360~「科学史」の項でも、方位計測について言及あり。

【資料2】『講座日本技術の社会史 第6巻 土木』(502.1/コ/6)
p.334~の「算師の技術」の項p.336の第2図「『周礼』に記された太陽による方位測定法」の図。p.335下段で説明あり。

【資料3】『たのしい理科こばなし 2』(404/ミ/2)
p.154-155「太陽のうごきと方位」かげができるほうを北とし、反対を南、太陽が出てくるほうを東、沈むほうを西ときめた、という説明あり。

【資料4】『最新SASサバイバルハンドブック』(786/ワ)
p.271~「方位を読みとる」シャドースティック法の紹介

【資料5】奈良文化財研究所ホームページ > なぶんけんブログ2013年6月「古代の方位測定法」にも説明あり
https://www.nabunken.go.jp/nabunkenblog/2013/06/20130601-1.html (2016/2/15確認)
「地面に棒を垂直に立て、それを中心に円を描きます(全周させなくてもかまいません)。午前と午後の2回、棒の影の先端が円周上にくるときがありますが、その2点を結べば、ほぼ正確に真東西となります。」
回答プロセス
(Answering process)
「太陽」「影」「方位」「方角」などをキーワードに、自館OPACやインターネットを検索。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
【資料1】山田安彦 編 , 山田, 安彦, 1927-. 方位読み解き事典. 柏書房, 2001.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002997154-00 , ISBN 4760120661
【資料2】講座・日本技術の社会史. 6. 日本評論社, 1983. (講座・ 日本 技術の 社会史 6)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I046209757-00
【資料3】宮内主斗 編著 , 宮内, 主斗, 1963-. たのしい理科こばなし 2 (宇宙ともの). 星の環会, 2005.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007681381-00 , ISBN 489294422X
【資料4】ジョン・ワイズマン 著 , 高橋和弘, 友清仁 訳 , Wiseman, John, 1940- , 高橋, 和弘, 1961- , 友清, 仁. 最新SASサバイバル・ハンドブック. 並木書房, 2009.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010853273-00 , ISBN 9784890632480
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000188128解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!