このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000188072
提供館
(Library)
山口県立山口図書館 (2110020)管理番号
(Control number)
0000109311
事例作成日
(Creation date)
2015年07月18日登録日時
(Registration date)
2016年02月12日 20時33分更新日時
(Last update)
2016年02月24日 11時12分
質問
(Question)
山田顕義(1844-1892)の「政府への建言七か条」の全文が掲載された資料はないか。
回答
(Answer)
下記参考資料1(p3-4)に、「山田顕義書簡 政府への建言七か條」(明治8年1月20日)が掲載されている。

資料解題(p5-6)によれば、明治8年(1875)1月20日付けの木戸孝允宛書簡が、その内容により「政府への建言七か条」と呼ばれている、とある。
また、出典は妻木忠太『史実考証 木戸松菊公逸事』(有朋堂書店 昭和7)(p350-351)となっている。
この資料は、国立国会図書館によりデジタル化され、次のとおりネット上で見ることができる。

『木戸松菊公逸事 : 史実考証』 妻木忠太著 有朋堂書店 1932
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1176968/223
p350「過日浪華へ」からp351「奉存候、」まで


なお、資料1の資料解題によれば、七か条の内容は同旨だが、『松菊木戸公伝 下巻』(明治書院 昭和2)(p1798-1799)には別の書簡が確認されているとある。
この資料もデジタル化されており、ネット上で見ることができる。

『松菊木戸公伝. 下』 木戸公伝記編纂所編 明治書院 1927 
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1879590/407
p1798「甚以失敬之至」からp1799「奉存候」まで

同じ内容のものが次の資料にも掲載されている。

『日本憲政史』(現代政治学全集 ; 第6巻) 尾佐竹猛著 日本評論社 1930 
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1272635/59
p104「甚以失敬之至、」から「奉存候。」まで
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 『山田顕義の憲法私案』 日本大学精神文化研究所編集 日本大学精神文化研究所 1993.02 当館請求記号:Y323/M 3 p3-6
2 『史実考証木戸松菊公逸事』 妻木忠太著 マツノ書店 2015.11 Y289/Ki 13 p350-351
3 『松菊木戸公伝 下』 木戸公伝記編纂所編 マツノ書店 1996.02 Y289/KI 13 p1798-1799
4 『日本憲政史』 尾佐竹猛著 日本評論社 1930 313.8/G 0 p104
キーワード
(Keywords)
山田 顕義(ヤマダ アキヨシ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000188072解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!