このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000188066
提供館
(Library)
市立釧路図書館 (2310212)管理番号
(Control number)
M0207
事例作成日
(Creation date)
2013年07月10日登録日時
(Registration date)
2016年02月12日 15時30分更新日時
(Last update)
2016年02月18日 18時45分
質問
(Question)
太平洋シーサイドラインにエトロンベという地名があるはずだが、その場所を知りたい。エトロンベは漢字で「舳提辺」と書く。
回答
(Answer)
『北海道の地名』、『角川日本地名大辞典 北海道』等、地名辞典類を調べるもエトロンベ(舳提辺)は見つからず。

太平洋シーサイドラインにあたる釧路町、厚岸町、浜中町のゼンリン住宅地図の地名を探すが見つからず。

インターネットで「舳提辺」で検索すると、難読地名としてヒットし、どうやら釧路町にある地名らしいことがわかる。

『釧路町史』の地名を取り上げた項目にも見つからず。

広報紙 釧路町の地名のはじまりについて書かれた連載「釧路町昔むかし」と釧路新聞連載の「ふるさとめぐり 釧路町の地名と歴史」で探すも記載なし。

釧路の地名について『久摺 20の話』で松本成美が書いているのを確認したところ、「三話 昆布森海岸の難読地名を訪ねて」の21ページに掲載している地図(松浦武四郎書『東西蝦夷山川地理取調図』から)にエトロツヘと読める地名を見つける。22ページに掲載の北海道釧路国全図には、コムプモイ(昆布森)の手前にエトロンベと地名が書いてあった。

平成6年国土地理院発行の昆布森の地形図(25000分の1)にエトロンベの記載なし。

『北海道 海岸線 地名めぐりの旅』194ページの昆布森で新旧地形図が載っており、明治30年製の地形図にコムプモイ(昆布森)の手前にエトロンベの記載があり、比較対象の平成7年の地形図にはエトロンベの記載がない。場所については、平成7年の地形図によるとエトロンベにあたる場所は岬なのか、燈台の地図記号があった。

ゼンリン住宅地図(釧路町)によると、地図記号の灯台は昆布森燈台だとわかる。

現在でいうと、エトロンベは昆布森燈台の場所あたりだと回答。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291)
参考資料
(Reference materials)
桶作高子. 桶作高子編. 久摺: 20の話 第1集. 釧路生活文化伝承保存研究会, 1993, 160p (K291/K 資料コード:213075354)
尾崎功. 尾崎功編. 北海道海岸線地名めぐりの旅: 新旧地形図が語る100選. 北海道出版企画センター, 2006, 257p (K290.9/O 資料コード:214792991)
キーワード
(Keywords)
太平洋シーサイドライン
エトロンベ
舳提辺
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000188066解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter










新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ