このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000187750
提供館
(Library)
京都府立高等学校図書館協議会司書部会 (1210025)管理番号
(Control number)
京高図司-2015-E1
事例作成日
(Creation date)
2016年02月01日登録日時
(Registration date)
2016年02月01日 17時27分更新日時
(Last update)
2017年04月24日 10時04分
質問
(Question)
蛍はなぜすぐ死んでしまうのか
回答
(Answer)
「寿命」「捕獲時の刺激」「水分不足」がすぐに死んでしまった原因として考えられる。また、原作の描写に準拠すると死んだホタルはヘイケボタルの可能性が高い。
回答プロセス
(Answering process)
原作での記述によると、防空壕があったのは兵庫県西宮市満池谷貯水池付近。ホタルをつかまえたのは7月6日ごろ。百匹あまりつかまえて壕の中に吊った蚊帳の内側に放ったが、翌朝には半分死に、節子が死骸を埋めたとある。あくまでフィクションの中での描写のため必ずしも現実と一致するとは限らないが、ホタルの生態、および場面から確認できる事柄を考慮すると以下のように推測される。

・寿命
ホタルの成虫について、個人の記録だが人口飼育下において1ヶ月近く生きた例もあるものの、自然状態では1週間ほどしか生きられないようなので、つかまえたホタルの寿命が残り少なかった、ということが考えられる。

・捕獲時の刺激
原作では100匹以上を「手当たり次第につかまえて」と書かれている。捕獲の仕方が乱暴だった場合は、ホタルを衰弱させた可能性がある。映画では清太がホタルをつぶさずにそっと捕まえるシーンもあるが、たくさんのホタルをつかまえるとなると1匹ずつ丁寧にというのは難しかったのでは、と思われる。

・捕獲後の環境の問題
ホタルの成虫は幼虫時代に蓄えた栄養で生きるため基本的にエサをとらないが、乾燥に弱いため夜露などで水分を摂るとのこと。壕は池のそばにあるため湿度はそこまで低くなかったと思われるが、原作、および映画では蚊帳の中に放ったまま水などを与える描写はなかったので、衰弱の原因の一つとして水分不足が考えられる。

※原作では、二人が防空壕へ入る前の6月中下旬頃、池付近の流れでヘイケボタルをつかまえるという記述がある。また、節子が亡くなった後の8月23日夜、壕付近でホタルの群れが飛び交い、清太が「もうじき螢もおらんようになるけど…(以下略)」と言う記述があり、かなり遅い時期まで見ることができるホタルであることがうかがえる。以上から、二人が7月につかまえたのは出現期間が長く9月にも確認されることがあるヘイケボタルである可能性が高い。また、場所は異なるが、清太が神戸市三ノ宮駅構内で死んだ9月21日に同駅付近にまだホタルがいることを示す記述があることからも、作者の野坂氏がイメージしていたのはヘイケボタルではないかと思われる。ただし、映画版のホタルを埋めるシーンでは、ホタルの背中にゲンジボタルの特徴である黒い十字の模様らしきものがある(ヘイケボタルは縦に一本のみ)。
事前調査事項
(Preliminary research)
もともとは「なんでホタルすぐ死んでしまうん?」という生徒からの質問。高畑勲監督によるアニメ映画「火垂るの墓」(スタジオジブリ、1988公開)の登場人物のセリフからと思われるので、同作、および原作となる小説『火垂るの墓』の描写をもとに考察することにした。
NDC
小説.物語  (913 9版)
昆虫類  (486 9版)
参考資料
(Reference materials)
映画『火垂るの墓』高畑勲監督、1988年
野坂昭如 著 , 野坂昭如 著 , 野坂, 昭如, 1930-2015. アメリカひじき 65刷改版. 新潮社, 2003. (新潮文庫)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004380669-00 , ISBN 4101112037
栗林, 慧, 1939-. 科学のアルバム 68. あかね書房, 1980.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001464261-00
栗林慧 写真 , 日高敏隆 総合監修 , 栗林, 慧, 1939- , 日高, 敏隆, 1930-2009. ホタル. アスク, 2009.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010178800-00 , ISBN 9784860573720
古河義仁 著 , 古河, 義仁. ホタル学 : 里山が育むいのち. 丸善出版, 2011.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011186412-00 , ISBN 9784621083895
世界大百科事典 26(ホ-マキ) 2005年改訂版. 平凡社, 2005.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007927672-00
全国学校ビオトープ・ネットワーク 編 , 全国学校ビオトープネットワーク. 水とビオトープの生きものたち : 知ろう・守ろう・育てよう!16のやさしい調査法. 合同出版, 2002. (シリーズしらべてまなぶ身近な生きもの ; 1)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003593949-00 , ISBN 4772602860
内田清之助/著 , 内田清之助. 學生版日本昆蟲圖鑑. 北隆館, 1949.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I014309590-00
小池啓一, 小野展嗣, 町田龍一郎, 田辺力 指導・執筆 , 小池, 啓一, 1949- , 小野, 展嗣, 1954- , 町田, 龍一郎. 昆虫 新版. 小学館, 2014. (小学館の図鑑NEO ; 3)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025467996-00 , ISBN 9784092173033
東京ゲンジボタル研究所 著 , 東京ゲンジボタル研究所. ホタル百科. 丸善, 2004.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007364594-00 , ISBN 4621074350
矢島 稔/著 , 荻野 昭/著 , たかはし きよし/絵. ホタル 初版. 偕成社, 1980. (観察の本 3)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I013707832-00
遊磨正秀, 生田和正著 , 遊磨, 正秀(1954-) , 生田, 和正(1959-). ホタルとサケ. 岩波書店, 2000-07. (現代日本生物誌)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000074-I000245729-00 , ISBN 4000067222
原色日本昆虫図鑑 上 増補改訂版. 保育社, 1955. (保育社の原色図鑑 ; 第2)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000883755-00
川崎展宏, 金子兜太 監修例句選 , 朝日新聞社 編 , 川崎, 展宏, 1927-2009 , 金子, 兜太, 1919- , 朝日新聞社. 鳥獣虫魚歳時記 春・夏の巻. 朝日新聞社, 2000.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002941056-00 , ISBN 4023402079
矢島稔 著 , 矢島, 稔, 1930-. ホタルが教えてくれたこと. 偕成社, 2000. (わたしの昆虫記 ; 2)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002858348-00 , ISBN 4036171208
日高敏隆 監修 , 日高, 敏隆, 1930-2009 , 石井, 実, 1951- , 大谷, 剛, 1947- , 常喜, 豊, 1953-. 日本動物大百科 第10巻. 平凡社, 1998.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002741882-00 , ISBN 4582545602
丸山宗利 著 , 丸山, 宗利. 昆虫はすごい. 光文社, 2014. (光文社新書 ; 710)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025599897-00 , ISBN 9784334038137
大場信義 著 , 大場, 信義, 1945-. ホタルの里. フレーベル館, 1996. (森の新聞 ; 4)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002505806-00 , ISBN 4577016591
大場裕一 著 , 大場, 裕一, 1970-. ホタルの光は、なぞだらけ : 光る生き物をめぐる身近な大冒険. くもん出版, 2013. ([くもんジュニアサイエンス])
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024637136-00 , ISBN 9784774321776
田沼靖一 著 , 田沼, 靖一, 1952-. 死の起源遺伝子からの問いかけ. 朝日新聞社, 2001. (朝日選書)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002995290-00 , ISBN 402259778X
三井洋司 著 , 三井, 洋司, 1942-. 不老不死のサイエンス. 新潮社, 2006. (新潮新書)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008140849-00 , ISBN 4106101599
「姫路市HP インターネットホタル研究所 ホタル基礎知識」  http://www.city.himeji.lg.jp/archive/yasutomi/lab/knowledge/index.html (HPアドレスは2016年2月1日確認。)
「NPOホタルの会」  http://www.npohotaru.com/index.html (HPアドレスは2016年2月1日確認。)
「秋田県東成瀬村ホタルの里づくり」  http://www.pref.akita.jp/fpd/hotaru/newpage.htm (HPアドレスは2016年2月1日確認。)
「陸生ホタル生態研究会」  http://rikuseihotaru.jp/sub3.html (HPアドレスは2016年2月1日確認。)
「軽井沢 発地 ホタルの里」  http://hocchi-hotaru.com/ (HPアドレスは2016年2月1日確認。)
「ホタルの寿命はなぜ短いのか | マイナビニュース」  http://news.mynavi.jp/news/2013/11/29/109/ (HPアドレスは2016年2月1日確認。)
「ホタル百科事典」  http://www.tokyo-hotaru.com/jiten/hotaru.html  (HPアドレスは2016年2月1日確認。)
「ヘイケボタルの成虫を長期飼育することは可能か?」(私立武蔵中学校1年 橋本理生)
2011年度 筑波大学「科学の芽」賞 中学生部門 受賞作品。以下のアドレスからクリックして閲覧可能。
http://www.tsukuba.ac.jp/community/kagakunome/shyo_list_2011.html  (HPアドレスは2016年2月1日確認。)
「 朝倉川育水フォーラム」 http://asakuragawa.net/html/forum/index.html  (HPアドレスは2016年2月1日確認。)
「西宮市HP」  http://www.nishi.or.jp/  (HPアドレスは2016年2月1日確認。)
「昆虫の生命力、人間の生命力」 兵庫県立大学自然・環境科学研究所教授 大谷剛  http://www.heri.or.jp/hyokei/hyokei91/91zuiso.htm  (HPアドレスは2016年2月1日確認。)
「健康長寿」 順天堂大学客員教授・後藤佐多良  http://www.mnc.toho-u.ac.jp/v-lab/aging/question/question1.html#01 (HPアドレスは2016年2月1日確認。)
「クロマドボタルの生活史と幼虫の斑紋変異」 大谷雅昭  http://rikuseihotaru.jp/kuromado_life.pdf  (HPアドレスは2016年2月1日確認。)
キーワード
(Keywords)
火垂るの墓
ホタル
蛍+生態
蛍+成虫
蛍+エサ
蛍+寿命
蛍+飼育
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
高校生
登録番号
(Registration number)
1000187750解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!