このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000187477
提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-H27-051
事例作成日
(Creation date)
2015年06月06日登録日時
(Registration date)
2016年01月23日 10時44分更新日時
(Last update)
2016年01月23日 10時44分
質問
(Question)
日本と韓国の文学を比較した資料を読みたい。
『小説の中に見る異文化』 B.H.ゲルファント/著 玉川大学出版部 2002 (自館請求記号:901.9)の韓国版のようなものを希望する。
言語学の比較でも良い。
回答
(Answer)
③の資料を借りられた。また、「比較文学の観点から見た韓国・日本・中国近代文学の特徴」( http://www.hmn.bun.kyoto-u.ac.jp/report/2-pdf/4_bungaku1/4_23.pdf 2015/06/06最終確認)の論文を紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
市内OPACでキーワード“ヒカクブンガク”で検索した結果、次の資料が見つかった。
①『比較文学の世界』 秋山正幸/編著 南雲堂 2005 (自館請求記号:901.9)
②『理論比較文学』 ディオニーズ・デュリシン/著 而立書房 2003 (自館請求記号:901.9)
③『文化の類型と比較文学』 村上清一/著 文芸社 2000 (自館請求記号:901.9)
④『日・中・朝の比較文学研究』 濱政博司/著 和泉書院 1989 (自館請求記号:901)
このうち②の資料には日本と韓国の比較については記載がなかった。

市内OPACでキーワード“カンコク ブンガク”で検索した結果、次の資料が見つかった。
⑤『東アジア文学空間の創造』 崔元植/著 岩波書店 2008 (自館請求記号:929.14)
この資料の内容は、利用者の求めるものとは違うものであった。
⑥『韓国の民族文学論』 崔元植/著 御茶の水書房 1995 (自館請求記号:929.104)
日本と韓国の比較については書かれていなかった。

Webcat Plus Minus( http://webcatplus.nii.ac.jp/pro/ 2015/06/06 最終確認)でキーワード“比較文学 韓国”で検索した結果、次の資料が見つかった。
⑦『越境する言の葉』 日本比較文学会/編 彩流社 2011 (横浜市立図書館請求記号:910.4)
⑧『東アジア文学史比較論』 趙東一/著 白帝社 2010 (神奈川県立図書館請求記号:902)

検索エンジンGoogle( http://www.google.co.jp/ 2015/06/06 最終確認)でキーワード“比較文学 韓国”で検索した結果、次の論文が見つかった。
「比較文学の観点から見た韓国・日本・中国近代文学の特徴」( http://www.hmn.bun.kyoto-u.ac.jp/report/2-pdf/4_bungaku1/4_23.pdf 2015/06/06最終確認)
中国の内容も混ざっているが、マクロな比較として参考になると考えられる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
文学理論.作法  (901)
参考資料
(Reference materials)
『比較文学の世界』 秋山正幸/編著 南雲堂 200
『文化の類型と比較文学』 村上清一/著 文芸社 2000
『日・中・朝の比較文学研究』 濱政博司/著 和泉書院 1989
『越境する言の葉』 日本比較文学会/編 彩流社 2011
『東アジア文学史比較論』 趙東一/著 白帝社 2010
キーワード
(Keywords)
比較文学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000187477解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決