このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000187443
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2015-115
事例作成日
(Creation date)
2015/05/08登録日時
(Registration date)
2016年01月22日 09時49分更新日時
(Last update)
2016年03月15日 11時36分
質問
(Question)
明治16年7月2日付に伊藤博文から岩倉具視に宛てた書状の全文を知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料に質問に該当すると思われる文書が掲載されており、これを紹介した。

『伊藤博文伝 中 明治百年史叢書』(春畝公追頌会編 原書房 1970)
 p207-208(七月一日の記述の後で)「翌日公は、更に岩倉に左の書を寄せ、最早大隈と事を共にする能はず、この上は退職の外なしとの意を洩らした。」として「御手簡竝憲法取調書類御下附奉落手候。(後略)」から最後まで七月二日付けの文書が掲載されている。
『伊藤博文秘録 正』(平塚篤編著 春秋社 1929)
 p218-220に、上記と同じ書き出しで、最後まで七月二日付けの文書が掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
1 質問館調査済み資料の確認
『伊藤博文の情報戦略』(佐々木隆著 中央公論新社 1999)
 p96 書簡の一部分が掲載されている。「(七月一日付三条宛書翰について)さて、伊藤はこの書状の後段で「ただいまの形勢なれば甚だ恐縮の至りに御座候えども、博文は当官御放免願い奉り候ほか御座なく候」と三条に辞意を表明し、翌二日には岩倉に「大隈この節の建白熟読仕り候ところ、実に意外の急進論にて、とても魯鈍の博文輩驥尾に随従候事はでき申さず」と参議辞任を表明した。」とあり。

巻末の参考文献から調査する。
「秘書類纂」
《国会図デジタルコレクション》( http://dl.ndl.go.jp/  国会図 2015/05/08最終確認)で閲覧可能。
《国会図サーチ》( http://iss.ndl.go.jp/  国会図 2015/05/08最終確認)を〈秘書類纂 & 雑纂 & 岩倉〉で検索するが該当なし。
『伊藤博文秘録』(後述)

2 調査指定資料の確認
 以下関係する記述、書簡の掲載なし。
『伊藤博文関係文書 3』(伊藤博文関係文書研究会編 塙書房 1975)
『伊藤博文関係文書 9』(伊藤博文関係文書研究会編 1981)
『伊藤博文伝 上・中・下』(春畝公追頌会編 原書房 1970)
『伊藤公全集 1 書簡、詩歌、文集、筆跡』(伊藤博文著 昭和出版社 1928)

3 それ以外の資料の確認
 以下関係する記述、書簡の掲載なし。
『岩倉具視関係史料 上・下』(佐々木克編 思文閣出版 2012)
『岩倉具視関係文書 1-8』(日本史籍協会編 東京大学出版会 1983)
 第7巻 p161-178 「明治16年」の欄に伊藤博文からの書簡なし。
『伊藤公実録』(中原邦平著 啓文社 1910)

4 《Googleブックス》( http://books.google.com/  Google 2015/05/08最終確認)を〈伊藤博文秘録 & 参議辞任〉で検索する。
「交詢社百年史」(交詢社 1983)の内容に「(前略)参議辞任を申出ているほどである。当官御放免を奉願候外、幾回熟考仕候ても手段無御座候」(七月二日付、『伊藤博文秘録』第二一九べージ)という書簡」とあり。

5 『伊藤博文秘録』の確認
『伊藤博文秘録 正』(回答資料)

6 《Googleブックス》の確認
『伊藤博文の情報戦略』への引用箇所で検索したところ、『議会政治 100年 生命をかけた政治家達』がヒットする。
『議会政治100年 生命をかけた政治家達』(政党政治研究会著 徳間書店 1988)
 内容確認したが該当の文書の出典等の記述なし。

8 政治史関係資料の調査
『自由党史 中 岩波文庫』(宇田友猪〔編〕 岩波書店 1958)
 p40に大隈重信の建議(明治14年3月)が掲載されている。一連の流れがp78あたりに掲載されている。
 この部分の出典が『伊藤博文伝 中』となっている。

9 上記を受けて『伊藤博文伝 中』を再確認
『伊藤博文伝 中 明治百年史叢書』(回答資料)
事前調査事項
(Preliminary research)
質問館調査済資料:『伊藤博文の情報戦略』(佐々木隆著 中央公論新社 1999)のp96に一部分の紹介あり。
NDC
個人伝記  (289 9版)
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
『伊藤博文伝 中 明治百年史叢書』(春畝公追頌会編 原書房 1970)
『伊藤博文秘録 正』(平塚篤編著 春秋社 1929)
キーワード
(Keywords)
伊藤 博文(イトウ ヒロブミ)
大倉 具視(オオクラ トモミ)
日本-歴史-明治時代
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000187443解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!