このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000187435
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2015-107
事例作成日
(Creation date)
2015/04/28登録日時
(Registration date)
2016年01月22日 08時44分更新日時
(Last update)
2016年03月13日 16時38分
質問
(Question)
「関東八州真言宗諸寺連判留書案」の完全なものを見たい。
『栃木県史 史料編中世4』(栃木県史編さん委員会編 栃木県 1979)p122-124に部分的に栃木県関係分が掲載されている。
回答
(Answer)
以下の資料に掲載されており、これを紹介した。
『大日本古文書 家わけ 第19 3 醍醐寺文書』(東京大学史料編纂所編 東京大学出版会 1972)
 p71-90「544 関東八州真言宗連判留書案(一巻)」
 『栃木県史 史料編中世4』と同様の書き出しで、略されていた寺名も掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
1 《日本古典籍総合目録データベース》( http://base1.nijl.ac.jp/~tkoten/index.html  国文学研究資料館 2015/04/28最終確認)を〈関東八州真言宗諸寺連判留書案〉〈真言宗諸寺連判留書案〉などで検索するが該当なし。
2 《東京大学史料編纂所データベース横断検索》( http://wwwap.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/db.html  東京大学史料編纂所 2015/04/28最終確認)を〈関東八州真言宗諸寺連判留書案〉で検索したところ、《日本古文書ユニオンカタログ》に『栃木県史 資料編中世4』に掲載されている情報がヒットする。
 このデータベースでわかる情報(抜粋)
 和暦年月日:慶長17年8月6日(16120080060)
 底本名:栃木県史(1232001)
 底本種別:刊本 冊(巻):15 頁(丁):122
 篇目:醍醐寺文書 文書番号:8
 分類:史料編中世四
3 『栃木県史』の確認
『栃木県史 史料編中世4』(前掲資料)
 p122(該当部分)に「慶長十七子八月六日」とあり。※慶長17年は1612年
 p118「醍醐寺文書」の冒頭に「醍醐寺文書 ○京都市(写真帳)」とあり。
4 自館目録を〈醍醐寺文書〉で検索した結果から
『大日本古文書 家分け第19 醍醐寺文書』1-16と別集3(東京大学史料編纂所編 東京大学出版会)
 3に該当の史料あり。
5 『国史大辞典』の調査
『国史大辞典 8』(吉川弘文館 1987)
 p743〈醍醐寺文書〉の項あり。
「(前略)明治43年(1910)黒板勝美の調査依頼編纂事業が現在まで続けられ(中略)その成果は昭和30年(1955)から東大史料編纂所により『大日本古文書』家わけ代十九醍醐寺文書として順次公刊されている。(後略)」とあり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
『大日本古文書 家わけ 第19 3 醍醐寺文書』(東京大学史料編纂所編 東京大学出版会 1972)
キーワード
(Keywords)
寺院
日本-歴史-史料
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000187435解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決