このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000187329
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市鶴-2015-029
事例作成日
(Creation date)
2015年12月27日登録日時
(Registration date)
2016年01月21日 19時04分更新日時
(Last update)
2016年03月30日 20時28分
質問
(Question)
「かしわ」や「外郎」と名古屋めしを紹介する言葉が出てくる歌「名古屋名物」について、歌詞が全部知りたい。できれば音源も欲しい。
回答
(Answer)
名古屋めしを紹介する「名古屋名物」の歌詞は服部鋭夫の作詞によるもので、昭和62年2月に誕生したものと思われます。また、名古屋甚句の「名古屋名物」が元唄となっている模様です。
お探しの「名古屋名物」の歌詞は、『中部圏の民謡を訪ねて』に「民謡名古屋名物」として掲載されています。また、お探しの歌詞とは多少違いますが、名古屋めしを織り込んだ歌詞の「名古屋名物」の音源としてCD『名古屋の歌だがね』があります。
回答プロセス
(Answering process)
0.質問者に確認しますと、『なごや十話』p.147-164に掲載されている「守りたい名古屋伝統の味と文化」で紹介されていたとのことでした。『なごや十話』を確認しますと、p.162に”名古屋の花柳界で、古くから歌い継がれてきた、「名古屋名物」という御座敷歌があり、その中に、「名古屋名物、うみゃあもんなら、かしわに外郎、きし麺に守口漬けなど、悪にゃあぜぇも…」”と記載がありましたが、典拠は掲載されていませんでした。

1.NDCの3門(民謡)と7門(音楽)の棚を郷土コーナーを含め確認したところ、下記の資料に掲載がありました。
『中部圏の民謡を訪ねて』
→p.7-8とp.12-14に「名古屋名物」についての記述および解説があり、”名古屋甚句の代表的歌詞”との記述がありました。歌詞全文は掲載されていませんでした。
→p.219-221に4番まで掲載されており、お探しの歌詞は3番でした。作詞者である服部鋭夫による解説が付いています。掲載されている項目は「服部鋭夫作品集」の内であり、”昭和62年2月”の記述があります。1番の歌詞の最後に”(元唄)”とあり、「古くから歌い継がれてきた」のは1番のみ、2番から4番は昭和62年2月に作詞された歌詞と思われます。

下記の資料には、お探しの歌詞の掲載を見つけることができませんでした。
『愛知の民謡』
『名古屋と民謡』
『名古屋市郷土唱歌』
『日本わらべ歌全集12 愛知のわらべ歌』
『愛知・名古屋マイソング大全集』

2.名古屋甚句の資料を探しました。レファレンス協同データベースの「名古屋甚句について調べたい。」を参考にしつつ、新たな資料も含め「名古屋名物」が掲載されているのは下記の資料です。名古屋めしを紹介する歌詞は掲載されておらず、名古屋甚句の「名古屋名物」は1番だけ、もしくは2番までのようです。

『名古屋を中心とした俚謡集』p.71
→”なごやめいぶつ”から始まる歌詞が掲載されていますが、1番の最後”おそがあぜいも”の後に”とろくさあこといわあすなも”から始まる5行が追加されています。
『藤本【ヒデ】丈民謡選集5』p.37
→歌詞が2番まで掲載されています。2番の歌詞の前半は1番の歌詞とほぼ同じ、後半の歌詞は『名古屋を中心とした俚謡集』の最期の5行とほぼ同じです。一方、『中部圏の民謡を訪ねて』とは、1番は同じですが、2番の歌詞は全く違います。また、p.38-39に三味線文化譜が掲載されています。
DVD『『からくり人形山車』『名古屋甚句』』 「名古屋甚句」の13分26秒から14分26秒まで
→動画が収録されており、テロップで歌詞も表示されます。1番のみです。
カセットテープ『なごやべん特集』解説書 p.10-11
『日本民謡集』p.238-239
『民謡の旅』p.326-329
『民謡のふるさと』p.188

3.名古屋めしを織り込んだ歌詞の音源を探したところ、下記の資料が見つかりました。
CD『名古屋の歌だがね』
→6曲目に「名古屋名物(愛知県民謡)」が収録されています。解説には、「名古屋甚句に並ぶ愛知県民謡の代表曲」とあります。歌詞を確認したところ、1番は『中部圏の民謡を訪ねて』と同じですが、2番から4番が違います。『名古屋を中心とした俚謡集』の追加の5行が2番の歌詞に埋め込まれています。『藤本【ヒデ】丈民謡選集5』とは1番、2番ともほぼ同じ歌詞です。名古屋めしを紹介する歌詞は4番にあり、”名代のういろにきしめんに かしわのひきずり”となっています。作詞者は同じ服部鋭夫です。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
声楽  (767 9版)
伝説.民話[昔話]  (388 9版)
参考資料
(Reference materials)
『中部圏の民謡を訪ねて』(服部鋭夫/著、服部仁、1993) (p.219-221、p.7-8、p.12-14)
CD『名古屋の歌だがね 名古屋開府400年記念CD』(キングレコード、KICS1511、2010) (6曲目「名古屋名物:愛知県民謡」)
花房孝典/著「守りたい名古屋伝統の味と文化」(『なごや十話』、中日新聞社/編、中日新聞社、2002), ISBN 4-8062-0448-X (p.147-164)
『愛知の民謡 民謡緊急調査報告書 昭和54・55年度』(愛知県教育委員会/編、愛知県教育委員会、1981)
『名古屋と民謡(文化財叢書』(伊奈森太郎/著、名古屋市経済局貿易観光課、1958)
『名古屋市郷土唱歌』(青柳善吾/著、森永昌堂、1922)
『日本わらべ歌全集12愛知のわらべうた』(服部勇次/著、柳原書店、1981)
『愛知・名古屋マイソング大全集』(愛知・名古屋マイソング実行委員会、[1989.12ごあいさつ])
レファレンス協同データベース「名古屋甚句を調べたい。」( http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000068701 )【最終確認:2016/01/22】
『名古屋を中心とした俚謡集』(加藤政次/編、日本雑学会名古屋本部、1977年) (p.68-72)
『藤本【ヒデ】丈民謡選集5』(藤本【ヒデ】丈/著作、邦楽社、1965) (歌詞:p.37、三味線文化譜:p.38-39)
DVD『『からくり人形山車』『名古屋甚句』』(名古屋市文化振興事業団/制作・著作、2011) (「名古屋甚句」の13分26秒から14分26秒)
カセットテープ『なごやべん特集』(P東海パック、1989)の解説書
『日本民謡集(ワイド版岩波文庫245)』(町田嘉章/編、岩波書店、2004) (p.238-239)
『民謡の旅』(佐藤政次/編、駿河台出版社、1980) (p.326-329)
『民謡のふるさと 明治の唄を訪ねて』(服部竜太郎/著、朝日新聞社、1967) (p.188)
キーワード
(Keywords)
名古屋名物
お座敷歌
民謡
名古屋めし
名古屋甚句
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000187329解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!